丸亀

丸亀のリゾートバイト・エリア情報

丸亀ってどんなところ?

中四国最大規模のテーマパークがある丸亀

大阪から新幹線と特急を使って約2時間、丸亀(まるがめ)は香川県中西部に位置します。「讃岐うどん」が有名で、うどんを目当てに1年を通してたくさんの観光客が集まります。

丸亀でのリゾートバイトといったら「レオマリゾート」!中四国最大のレジャー施設で、特に夏場はプールスタッフやアトラクションスタッフなどの職種が大人気!その他、裏方やフロント、売店など幅広い職種で募集が行われています。休日は、スタッフ特典で温泉や園内を楽しめるのもレオマリゾートでのリゾートバイトの特権です。

丸亀マップ

観光名所は?

本場の「讃岐うどん」が味わえる丸亀。グルメが美味しいのはもちろん、歴史ある城、町並み、アートなど見どころも満載な観光地です。

丸亀城

丸亀城

石垣の名城と言われる「丸亀城」。築城400年を超えた木造の城です。丸亀城の目玉は、当時の最高技術が集結された石垣。高さは60mを超え、日本一の高さを誇ります。現存十二天守の一つに数えられ、日本の百名城にも選ばれています。天守閣からは丸亀市内が一望できます。

丸亀市猪熊弦一郎現代美術館

丸亀市猪熊弦一郎現代美術館

香川県生まれの国際的画家・猪熊弦一郎の作品を約2万点所蔵した美術館。JR丸亀駅から徒歩2分の駅前にある、珍しい美術館です。愛称は「MIMOCA(ミモカ)」。美術館の設計は、ニューヨーク近代美術館の増改築にも携わった世界的建築家・谷口吉生によるもの。開放的な空間にも注目です。

笠島まち並保存地区

笠島まち並保存地区

丸亀港から船で35分のところにある丸亀市の「笠島」。島の東側にある笠島集落は、江戸時代の古い町並みが今でも残され、国の伝統的建造物群に指定されています。海上交通の中心地として栄えた港町で、港から⼊ってくる敵を惑わすために構成された、複雑な街路はまるで迷路のよう。

体験してみよう!

レオマリゾート

レオマリゾート

丸亀市にある中四国最大級のテーマパーク。子供から大人まで1日中楽しめる様々なアトラクションや、プロジェクションマッピングなどのショーも楽しめます。250万球を使ったイルミネーション、夏季限定のウォーターランド、バラやダリアなど季節の花も楽しめます。

うちわ製作体験

うちわ製作体験

うちわの港ミュージアムでは全国シェア90%を誇る丸亀うちわのことを学べます。国の伝統工芸品である丸亀うちわの歴史、うちわづくりの模型、参考文献や資料、全国のうちわが展示されています。また、実演コーナーではうちわ作りの伝統技術を見ることができるほか、うちわ貼りの体験もできます。

登山

登山

飯野山は標高約422m、別名「讃岐富士」と呼ばれます。片道1時間ほどで登ることができ、「箱庭」と呼ばれる讃岐平野のパノラマも楽しめることから、年齢問わず人気です。新日本百名山にも選定されています。また、4月と8月には山頂から昇る太陽がダイヤモンドのように見える「ダイヤモンド讃岐富士」が話題になっています。

ご当地グルメ

うどん

うどん

丸亀といえば本場の「讃岐うどん」が味わえます。行列必至の大人気店も多数揃い、たくさんの人が訪れます。讃岐うどんはコシが強めの麺、そして「いりこ」メインの出汁を使うことが特徴。メニューの種類は、「かけ」、「釜玉」「醤油」「ぶっかけ」「釜揚げ」など様々用意されています。

骨付鳥

骨付鳥

丸亀市が発祥とされる「骨付鳥(ほねつきどり)」。骨付きの鳥もも肉を焼いた居酒屋メニューとして親しまれています。ニンニクが効いたスパイシーな味で、外はカリッと、中はジューシーに焼き上げられています。1953年に「一鶴」の創業者が始め、今では市内には20店以上の専門店が揃います。

おいり

おいり

丸亀が発祥で香川県西部に伝わる、結婚式の引き出物として使われる「おいり」。ピンクや黄色、緑、紫などパステルカラーの可愛い見た目が特徴。口に入れるとふわりと溶けてしまいます。中でも金比羅さん近くの「おいりソフト」は、可愛くてインスタ映えすると人気を集めています。

PICK UP 体験談

丸亀のお仕事一覧を見る

リゾバ.comは、派遣・紹介サービスのヒューマニックが運営するリゾートバイト求人検索サイトです。
夏の沖縄から冬の北海道まで全国各地のリゾート地のお仕事を職種や勤務地、期間などの希望条件から全国のリゾートバイト情報や住み込みバイトを検索できます。リゾートバイトとは?というあなたも安心できるお仕事探しに必要なお役立ち情報も満載!業界No.1の求人数の中から、あなたにぴったりのお仕事探しを応援します。「リゾバ」は株式会社ヒューマニックが所有する登録商標です。