【2024都道府県別】人気おすすめの移住先ランキング8選。地方で働く方を応援します

line-icon
人気おすすめの移住先ランキング8選

おすすめの移住先をランキング形式でまとめました。

さまざまな調査データ、インフラが充実しているか、移住支援制度があるかなどの観点から移住先のランキングを選定しています。2024年度版の移住情報が知りたい方はぜひ移住にご活用ください。

移住して後悔しないためには、現地で1ヶ月以上のプチ移住体験をしてみるのがおすすめ。リゾバ.comなら移住先でかかる家賃や交通費、食費などの費用をかけず、気になる移住先でのびのびとプチ移住を体験できます。

本記事で気になる移住先が出てきたら、ぜひリゾバ.comでプチ移住体験を実現してみてください。

移住先のおすすめの選び方

移住先のおすすめの選び方

移住先の選び方は、移住の目的によります。

たとえば生活コストを抑えるのが移住の目的の場合、家賃や物価が安いところを選ぶ必要があります。田舎で起業するのが目的の場合は、起業に関する補助金や支援金が充実している場所を選ぶとよいでしょう。

【移住先の選び方の例】

  • 生活コストを抑えるのが目的:鳥取県 三朝温泉(農作物が豊富で安く、家賃も安い傾向)
  • 起業するのが目的:福島県南相馬市(IT事業者に最大300万円の補助金)

上記のように移住の目的によって、おすすめの移住先は異なります。移住して何を実現したいのか、どのような理想を描いているのかを考えてみた上で、移住先を選ぶようにしましょう。

鳥取県の三朝温泉や、福島県の南相馬市でプチ移住体験するならリゾバ.com

【決定版】都道府県別おすすめの移住先ランキング8選

【決定版】都道府県別おすすめの移住先ランキング8選
  • インフラが充実している
  • レジャーが楽しめる
  • 補助金・助成金のサポートがある
  • 住みやすい・住んでいてストレスがない

上記の観点にくわえ、さまざまな調査データをもとにおすすめの移住先ランキングを選定しました。前章で解説した選び方の例を参考に、自分に合った移住先を見つけてみましょう。

1位:静岡県

静岡県は移住地として非常に人気な場所です。

年中通して暖かい気候で、初めて移住する方でも生活しやすいのが魅力。2001年以降1cm以上の降雪がなく、冬は雪で困ることがありません(山間部を除く)

また海や山など自然が豊富に溢れているにもかかわらず、静岡の中心地は商業施設が充実しています。生活に不便さを感じないでしょう。豊かな自然で子どもとの生活を充実させながら、都会的・田舎的な暮らしを両立して楽しめる魅力的な街です。

東京圏から静岡県に移住して就業・起業した方を対象に、最大100万円支給される支援金制度も実施されています。リゾートバイトで静岡県各地を巡り、自分と相性が良い移住先を見つけてみましょう。

静岡県のリゾートバイト求人情報

2位:福岡県

福岡県は九州の北に位置します。

海や山の自然、博多・中洲・天神のようなグルメを堪能できる繁華街、充実した教育機関など、各方面でバランスが取れているのが魅力。アジアの玄関口と称され、福岡であればどのような楽しみ方も実現できるでしょう。

気候は本州と大差がなく、冬になると雪が降ります。寒さが苦手な方にはストレスかもしれません。

しかし年中気候は安定しており、病院や公共交通機関などのインフラも整っています。家賃も安く、自然も豊富で生活のしやすさは抜群です。休日は福岡の代表的なパワースポットである大濠公園に出向き、カフェや散歩を楽しむのもよいでしょう。

福岡県は単身者、世帯者で移住した方を対象に移住支援制度を実施しています。実施状況は各自治体によって異なるため、移住を検討している市町村に問い合わせてみましょう。

福岡県のリゾートバイト求人情報

3位:長野県

長野県は本州の中央に位置します。

東京や名古屋などの都市圏へのアクセスは抜群。長野県の面積の8割は森林で、自然も豊富です。移住後はカヌーやフォレストアドベンチャーなど、大自然のアクティビティを心置きなく満喫できます。

また年中通して降水量が少ないのも魅力。生活において雨によるストレスが少ない傾向です。避暑地としても有名で、気象庁が発表した2023年8月の平均気温は25.7°(東京は29.2°)と、暑さが苦手な人には最適な移住先といえます。

ただし冬は非常に冷えます。豪雪地帯にも指定されているため、寒さが苦手な方は注意しましょう。

長野県では、UIJターン就業・創業移住支援制度を実施しています。支給額は各市町村で異なるため、気になる方は問い合わせてみましょう。

長野県のリゾートバイト求人情報

4位:山梨県

山梨県は富士山や八ヶ岳、南アルプスに囲まれる大自然が魅力の移住地です。

山から流れてくる空気は澄み切っており、心穏やかにのびのびとした生活が可能。

身近に綺麗な川も流れています。休日は昭和の名水百選に選ばれた尾白川に隣接する「尾白の森・名水公園べるが」で、キャンプやバーベキューを楽しむのもよいでしょう。

商業施設の数が少ない点はデメリットとなりますが、公共交通機関を活用すると東京まで約1時間40分、3,300円程度で行くことが可能です。山梨県で生活費を抑えた地方暮らしをしつつ、たまに東京に出向いてショッピングを楽しむ生活も実現できます。

東京圏から山梨県に移住する方限定ですが、移住支援制度も実施されています。気になる方は問い合わせてみましょう。

山梨県のリゾートバイト求人情報

5位:広島県

広島県は瀬戸内海と中国山地に面しています。

1年間晴れの天気が多い傾向で、瀬戸内海付近の土地特有の爽やかさが魅力。

「グランドーム瀬戸内しまなみ」という広大な瀬戸内海と、綺麗な星空を見ながらグランピングが楽しめる施設もあります。焚き火や釣り、シアターなどさまざまな楽しみ方ができるため、仕事で疲れた体をリフレッシュするのに最適な場所です。

また街はコンパクトに収まっています。東京や大阪のように各地に商業施設が点在している地域ではなく、基本的に県庁所在地である広島市に集中しています。買い物やお出かけなどしやすく、生活の利便性もよいため移住初心者でも暮らしやすいといえるでしょう。

東京圏から移住する方向けに移住支援制度も実施されているので、ぜひ活用してみてはいかがでしょうか。

広島県のリゾートバイト求人情報

6位:栃木県

栃木県は関東地方の北部に位置します。

首都圏へのアクセスは抜群で、栃木で生活しながら東京の会社に出社することも可能。公共交通機関で約1時間ほどで東京に到着します。東京の都会的な生活と、栃木の自然に囲まれのびのびとした生活の両面を楽しめる魅力的な場所といえるでしょう。

もちろん栃木はアクティビティも充実しています。海に面していない内陸県ですが、首都圏の中でも珍しい雄大な自然が広がっており、日本トップクラスの自然スポットである「日光国立公園」があります。

東京の仕事で疲れた体を、ハイキングやサップ、ラフティングで癒すのもよいでしょう。

栃木では東京23区在住の方を対象に移住支援制度を実施しています。気になる方はぜひご活用ください。

栃木県のリゾートバイト求人情報

7位:高知県

高知県は暖かな気候が特徴の移住地です。

気象庁が発表した2023年度1月の平均気温は6.9°、2月は8.5°。冬のシーズンでも生活しやすく、寒さが苦手な移住初心者の方でも暮らしやすい気候が魅力といえます。

海・山・川の自然にも恵まれており、とくに柏島周辺のエメラルドグリーンの海は絶景スポットとして有名です。あまりにも透明度が高すぎることから、まるで船が空中に浮いているように見えます。

ウエットスーツの着用次第では、1年中ダイビングやシュノーケリングを楽しむことができるため、移住後はマリンアクティビティを充実させてみてもよいでしょう。

高知県では東京圏から移住される方を対象に移住支援金の制度を実施しています。制度を上手く活用し、高知移住を実現させましょう。

高知県のリゾートバイト求人情報

8位:北海道

北海道は日本の最北端に位置します。

新鮮な海鮮や乳製品が豊富です。基本食べ物が美味しく、観光客や移住者の方のほとんどは
「北海道の食べ物は美味しい」と言うほど食に関する評判が高い傾向。

自然も豊富で北海道の栄えている土地であっても空気が綺麗です。都会的な暮らしを実現しながら、のびのびと暮らせるでしょう。

ただし冬のシーズンは非常に冷え込みますし、除雪しないと歩けないほどの大量の雪が降り積もる点に注意が必要です。とはいえ冷え込み対策として、家の中は暖かい仕様になっているのが特徴。フルリモートのように外出しない働き方をしている方であれば、あまり寒さを気にせずに生活できます。

北海道ではUIJターンの方を対象に移住支援金の制度を実施しています。気になる方は自治体に問い合わせてみましょう。

北海道のリゾートバイト求人情報

【番外編】海・離島・都会でおすすめの移住先

【番外編】海・離島・都会でおすすめの移住先

海・離島・都会でおすすめの移住先をまとめました。

  • 海が好きな人におすすめの移住先:沖縄県宮古島
  • 離島が好きな人におすすめの移住先:兵庫県淡路島
  • 都会が好きな人におすすめの移住先:北海道札幌市中央区

海が好きな人におすすめの移住先:沖縄県宮古島

沖縄県宮古島は、海が綺麗な場所として世界的に有名で人気な移住先です。

東洋一と名高い宮古ブルーは、白い砂浜と青く澄んだ海のコントラストで見た人を魅了します。眺めているだけで癒され、海が好きな方じゃなくても心からリフレッシュすること間違いありません。

また海開きは3月下旬〜4月上旬とほかの地域と比べて早い傾向です。サーフィンやシュノーケリングなどのアクティビティを長く楽しめるのが魅力でしょう。

リゾバ.comでは沖縄県宮古島のリゾートバイト求人をたくさん掲載しています。プチ移住体験にぜひご活用ください。

宮古島のリゾートバイト求人情報

離島が好きな人におすすめの移住先:兵庫県淡路島

兵庫県淡路島は本土へのアクセスが抜群。公共交通機関を活用すると新大阪駅まで1時間50分程度で行くことが可能です。

もちろん淡路島は離島としての魅力がたくさん詰まっています。自然が多く、気候も安定しているため生活しやすい傾向です。兵庫県立淡路島公園は4月になると美しい桜が咲き、6月になると公園中に30種類10,000株ものアジサイが咲き誇ります。

移住したら公園でハイキングするのを日課にしてみてもよいかもしれません。

また病院やスーパーなどの施設も充実しています。移住に関する補助金制度は少ない傾向にあるものの、本土の暮らしが長かった方でも生活しやすいことから淡路島はおすすめの移住先といえるでしょう。

淡路島のリゾートバイト求人情報

都会が好きな人におすすめの移住先:北海道札幌市中央区

札幌市中央区は北海道の中心地です。

東京や大阪と比べると都会の充実さは劣ります。しかしすすきのという繁華街は商業施設・飲食店ともに豊富なため、都会好きな方でも満足でしょう。

また札幌市中央区は都会にもかかわらず、自然が多く空気が綺麗でのびのびと生活できるのが魅力。自然に溢れる大通公園は夏はビアガーデン、秋になるとオータムフェスタ、冬は雪まつりと、四季ごとの楽しみ方があります。

都会が好きな方は、北の大地の雰囲気を味わえる札幌市中央区に移住を検討してみましょう。

移住に関するQ&A

移住に関するQ&A

移住に関するQ&Aをまとめました。

  • 移住するのはやめとけって本当?
  • 移住するメリット・デメリットを教えてほしい
  • 仕事付きの移住先はあるの?

移住するのはやめとけって本当?

移住するメリット・デメリットを教えてほしい

仕事付きの移住先はあるの?

まとめ|自分に合った移住先を見つけるならリゾバ.comを利用しよう

自分に合った移住先を見つけるならリゾバ.comを利用しよう

本記事では2024年度版最新のおすすめの移住先を都道府県別で紹介しました。

おすすめの移住先は人によって異なります。年中海を満喫したいなら沖縄県宮古島、温暖な気候の中でのびのびと暮らしたい、都会と田舎の両方を楽しみたいなら静岡県浜松市、と移住の目的で選ぶようにしましょう。

とはいえインターネットや本の情報を鵜呑みにし、勢いで移住すると後悔につながります。現地に行って初めてわかるメリット・デメリットがあるからです。

移住で失敗しないためにもまずは現地で1ヶ月以上プチ移住体験して、本当に生活していけるか、現地住民と円滑にコミュニケーションが取れるか確かめるようにしましょう。

リゾバ.comは、北海道から沖縄まで、日本全国住み込みで働けるリゾートバイトの求人情報を多数掲載しています。家賃や食費、交通費などの費用負担はありません。

移住を検討している方は、リゾバ.comのコーディネーターと一緒にプチ移住の計画を立ててみてはいかがでしょうか。

マガジン一覧へ戻る まずは登録(無料)

この記事を書いた人

リゾバ.com 編集部

リゾバ.com 編集部

リゾバ.com 編集部

こんにちは、リゾバ.com 編集部です。日本全国のリゾートバイトの求人情報サイト「リゾバ.com」を運営しています。 働く!遊ぶ!体験する!を全力で応援します!

あわせて読みたい!リゾバマガジン

旅をしながら働く方法・おすすめの職種7選!旅好き必見のモデルケースも紹介

旅をしながら働く方法・おすすめの職種7選

【おすすめ】北海道で人気の移住地域10選!メリット・デメリットまとめ【2024】

北海道で人気の移住地域10選

【知らないと後悔】石垣島移住で失敗しないためには?【体験談もまとめました】

石垣島移住

【2024都道府県別】人気おすすめの移住先ランキング8選。地方で働く方を応援します

人気おすすめの移住先ランキング8選

リゾートバイトを始める流れ

  1. 1

    スタッフ登録

    これからお仕事選びを始める人、リゾバについてもっと知りたい人は「まずは登録(無料)」ボタンから登録予約をお願いします。

  2. 2

    お仕事相談

    ヒューマニックの担当コーディネーターが、勤務エリアや職種、期間、給料など、ご希望にぴったりのリゾートバイト探しをサポートします。

  3. 3

    お仕事決定、出発

    勤務先までの交通手段や持っていく荷物の相談など、担当コーディネーターがアドバイスいたします。

  4. 4

    お仕事スタート

    勤務期間中も担当コーディネーターがしっかりサポートいたします。お気軽にご相談ください。

まずは登録(無料)
リゾートバイトTOP リゾバマガジン 体験したい 移住 【2024都道府県別】人気おすすめの移住先ランキング8選。地方で働く方を応援します