【知らないと後悔】石垣島移住で失敗しないためには?【体験談もまとめました】

line-icon

New

石垣島移住

何も知らずに勢いで石垣島に移住すると後悔します。

石垣島は本土とは環境が大きく異なります。虫もたくさん生息していますし、ほかの土地と比べて移住の補助金や支援制度も少ない傾向です。家賃も安くなく、本土と大差がありません。

しかし石垣島移住には多くの魅力があります。

きれいな海で毎日リゾート気分を味わうことができ、大自然を感じながら暮らせます。移住先としてトップクラスの人気があることは間違いない事実でしょう。

本記事では石垣島に移住するデメリットやメリット、移住で後悔・失敗しないために取るべき行動を解説します。

移住で後悔したくないなら、リゾートバイトを活用し一度石垣島で働いてみてはいかがでしょうか。石垣島の雰囲気を体験できるだけでなく、現地で過ごし移住に向けての情報収集もできます。

リゾバ.comを無料登録して、経験豊富なコーディネーターに相談してみましょう。

【知らないと後悔】石垣島に移住するデメリット

石垣島移住

石垣島に移住するデメリットをまとめました。

  • 本土よりも仕事の給与や条件が良くない場合がある
  • ほかの移住地よりも補助金や支援制度が少ない傾向にある
  • 自然が多く虫がたくさん生息している

本土よりも仕事の給与や条件がよくない場合がある

石垣島は観光地なだけあって、さまざまな仕事があります。エステサロンや小売店のスタッフ、タクシードライバーなど、求人の種類は本土と大差ありません。

しかし本土よりも給与の水準や条件が劣るケースがあります。

事実、石垣島がある沖縄県の最低賃金は896円と、東京都の1,113円と比較すると大きな差があります。

参照:地域別最低賃金の全国一覧|厚生労働省

また石垣島は観光客が増加しているにも関わらず、本土へ人材が流れ、働き手が不足しています。その結果、一人当たりの労働・残業時間が増大している可能性もあるでしょう。

参照:石垣市における人手不足の実態調査 及びその対処策の検討業務 報告書

石垣市が対策に向けて動いているものの、まだまだ給与水準や条件が良くない場合があります。石垣島に移住するなら、いまよりも給料が減る可能性がある点を理解しておきましょう。

ほかの移住地よりも補助金や支援制度が少ない傾向にある

石垣島は知名度に比例して、人気の移住先です。

老若男女問わず、年々全国から移住者が集まっている傾向にあります。人が集まりにくい移住地と比較し、時期によっては移住における石垣島の補助金や支援制度が少ないようです。

実際に2024年4月現在、自治体が実施している移住支援制度はありません。

北海道の三笠市が、単身世帯に3か月6万円を上限として36か月分助成する移住支援を実施していることを考えると、石垣島の移住支援は少ないと言わざるを得ないでしょう。

参考:【住まい】若者移住定住促進家賃助成事業

補助金や支援制度に期待して石垣島に移住すると後悔します。失敗しないために、移住前に石垣島市に問い合わせるなど、事前に情報を調べてから移住に向けて動くようにしましょう。

自然が多く虫がたくさん生息している

石垣島は自然が多く、たくさんの虫が生息しています。

蝶のように本土でも見かけるような虫がいれば、ヤスデやサソリなど人に危害を及ぼす虫もいます。またゴキブリのサイズは本土よりも大きい傾向にあります。至る所に生息しているため、移住したら家の外・中問わず、見かける機会も多くなるでしょう。

自然に溢れる石垣島で暮らす以上、虫と共存していくことが求められます。ある程度は対策できるとはいえ、虫が苦手な人は注意するようにしましょう。

【魅力もたくさん】石垣島に移住するメリット

石垣島に移住するメリット

人気の移住先だけあって石垣島に移住するメリットはたくさんあります。

  • きれいな海とあふれる自然でのびのび暮らせる
  • 1年通して寒暖差が少なく生活しやすい
  • インフラや娯楽が整っている

デメリットと比較して、魅力に感じるか、メリットが上回るかというポイントで確認してみましょう。

きれいな海とあふれる自然でのびのび暮らせる

石垣島の魅力といえば、日本でもトップクラスにきれいな海でしょう。

川平湾と呼ばれるビーチは石垣島でも屈指のビーチと名高く、沖縄県内のミシュラン・グリーンガイド・ジャポンで唯一の三ツ星評価。石垣島に移住したら、川平湾のようなきれいなビーチを毎朝散歩したり、気分が落ち込んだら眺めに行ったりなど、さまざまな楽しみ方があります。

また石垣島は自然も溢れています。週末は登山やキャンプを楽しむなど、都会の喧騒を忘れてのびのび暮らしていけるでしょう。

現代社会において、自然を感じながら心身ともにリラックスできる石垣島には非常に大きな魅力があります。

1年通して寒暖差が少なく生活しやすい

石垣島は年間を通して穏やかな気候です。

気象庁が発表しているデータによると、1991年〜2020年の石垣島(12月)の最低平均気温は20.5°、1年間の平均気温は24.5°と寒暖差が少なく生活しやすい傾向にあります。

参照:石垣島(沖縄県) 平年値(年・月ごとの値) 主な要素|気象庁

寒いのが苦手な人も、暑いのが苦手な人も、あまりストレスを感じることなく過ごせる魅力が石垣島にはあります。

ただし寒暖差が少ないとはいえ、真冬や夜に冷え込まないわけではありません。季節によっては服装や室内の気温に注意する必要があります。

基本的には寒暖差があまりなく、穏やかに暮らせると覚えておきましょう。

インフラや娯楽が整っている

石垣島は島なので娯楽がなかったり、インフラが整っていないイメージがあるかもしれません。自然や海など魅力的なスポットがあるとはいえ、流石にインフラや娯楽がないと困る方もいるでしょう。

その点、石垣島は観光地です。島中を回れるバスや電気・水道・ガスが整っているのはもちろん、中心街にはマックスバリューを中心とした多くのスーパーがあります。各科の病院も揃っていますし、カラオケ店やバーも充実しています。

よほど石垣島の中心地から離れた場所に住まない限り、インフラや娯楽に困る心配はありません。島暮らしで大自然を楽しみながら、都会と同じくらい娯楽も楽しめるのが石垣島の魅力です。

石垣島移住で後悔・失敗しないために取るべき行動

石垣島移住で失敗しないための行動

闇雲に石垣島に移住を決めると後悔・失敗につながります。

後悔・失敗しないためには事前準備が大事です。下記で紹介する後悔・失敗しないために取るべき行動を試してみましょう。

  • 移住する目的を明確にしよう
  • 住むエリアを決めよう
  • 転職する場合は現地の仕事を探してみよう
  • 移住を体験してみよう
  • 自治体に相談してみよう

移住する目的を明確にしよう

移住して後悔しないためには移住する目的を明確にすることが大事です。

「なぜ石垣島に移住したいのか」理由が明確に決まっているのであれば問題ありませんが、具体的でない場合は後悔しないためにもう一度考えてみましょう。

  • 昔から石垣島の川平湾の近くに住むのが夢だったから
  • 石垣島でのんびり暮らしながら自分のお店を作りたいから
  • 石垣島でやってみたい仕事があるから

上記の項目は参考例です。移住したい理由を自問自答しつつ、具体的な答えを出すようにしましょう。

住むエリアを決めよう

石垣島は東京の23区のようにさまざまなエリアに分かれています。

  • 南部:市街地と呼ばれる石垣島でもっとも開発されているエリア
  • 中部:サトウキビ畑が広がるエリア
  • 西部:川平湾がある自然豊富なエリア
  • 北部:マングローブが広がるエリア

中部や西部に住みたい明確な理由があれば別ですが、初めて石垣島に住む方は南部がおすすめです。スーパーや病院などの施設が栄えており、住む候補となる場所もほかのエリアに比べて多い傾向です。

石垣島に移住して何をしたいか、どこを重要視するかによって、住むエリアを決めるようにしましょう。

転職する場合は現地の仕事を探してみよう

現職を辞めて石垣島の仕事に転職する場合は、事前にどのような仕事があるのか把握しておきましょう。

仕事は人生に大きく関わります。人間の人生のうち、2〜3割は仕事している時間と言われるほどです。

何も知らない土地で、適当に仕事を決めてしまうと後悔につながります。「仕事を辞めたい」「働けなくなった」という状況になっても、石垣島から元々住んでいた場所に戻るのは簡単ではありません。

リモートワークで現職を続けながら移住できる場合は例外ですが、そうではなく転職する場合はきちんと転職先やキャリアの方向性を決めてから移住を決めましょう。

移住を体験してみよう

移住で後悔しないために大事なポイントは、一度現地の雰囲気や環境を体験してみることです。

インターネットや本で得た情報が魅力的に感じても、現地に行ったら期待していた理想はどこにもなく、現実が待ち受けているケースは珍しくありません。きれいな海に気軽に行けるのが魅力で移住を決めたのに、意外と遠くて海に行けるのは半年に1回だけのようなことになる可能性もあります。

そのように後悔しないためにも、まずは現地に行ってみて移住を体験してみるようにしましょう。とはいえ移住体験するのは簡単ではありません。現地の宿泊施設を予約するなど、費用も手間もかかります。

リゾバ.comのリゾートバイトであれば、あなたの希望に合わせて石垣島の求人を紹介します。住み込みで働くため、家賃はもちろん交通費や食費などの自己負担もありません。

移住で後悔しないために、リゾートバイトで石垣島のプチ移住体験を叶えてみてはいかがでしょうか。

自治体に相談してみよう

移住の不安は移住検討先の自治体に相談してみましょう。

人気の移住先とはいえ、自治体に相談すれば親身に相談に乗ってくれますし、正しい情報を得られます。実施している補助金・支援金の制度や空き家の空き状況など、困ったことは問い合わせてみるとよいでしょう。

もし現地に行けるようであれば、実際に石垣島の市役所まで足を運び、顔を合わせて相談するのがおすすめです。どのような人が市役所で働いているか、確認しておくことで移住後の安心感が持てるはずです。

リゾバ.comが紹介!石垣島のプチ移住体験談

石垣島のプチ移住体験談

本章ではリゾバ.com経由で石垣島にプチ移住したスタッフの体験談を紹介します。

石垣島の魅力や過ごし方を知り、移住を検討する際の情報としてご活用ください。

O・Aさん

 O・Aさんは石垣島の宿泊施設のスタッフとして勤務。

日本各地の観光地を巡るのが目的でリゾートバイトに興味を持ち、勤務地を石垣島に決めたのは夏を沖縄で過ごしたかったからと語っています。

仕事がある日は石垣島の繁華街の散策やショッピングを楽しみつつ、休日は離島を巡るなど充実した日々を過ごされました。

リゾートバイトで自分が変わることができました!|リゾバ体験談

M・Nさん

M・Nさんは石垣島のレジャー施設のスタッフとして勤務。

台風後の清掃は大変だったものの、きれいな海やゆったりした時間が心地よく、リゾートバイトで石垣島に行ってよかったと語っています。島の最北端の灯台にも行かれて、石垣島の大自然も体験されました。

就業先の地元社員の方とも仲良くなり、新たな人生の目的や好きなことも見つけられたようです。

普通のバイトじゃ物足りない!そんな人はリゾバにハマりますよ|リゾバ体験談

石垣島移住でよくある質問

石垣島移住でよくある質問

石垣島移住でよくある質問をまとめました。

  • 石垣島に移住するにはどれくらいの費用がかかる?
  • 石垣島に安い賃貸(アパート)はあるの?

石垣島に移住するにはどれくらいの費用がかかる?

石垣島に安い賃貸(アパート)はあるの?

まとめ|石垣島移住で後悔・失敗しないためにリゾバ.comで移住体験がおすすめ

石垣島移住まとめ

本記事では石垣島に移住するデメリット・メリットや、移住で後悔しないために取るべき行動を解説しました。

石垣島は移住先としてたくさんの魅力がありますが、何も考えずに移住を決めると後悔することになります。現地に行って雰囲気を確かめたり、現地で実際に数ヶ月間働いてみたり、後悔・失敗しないための行動が重要です。

現地の雰囲気を確かめるのにおすすめなのがリゾートバイトです。

家賃や交通費、食費などの費用を自己負担することなく、石垣島で2週間〜数ヶ月ほど働きプチ移住体験ができます。

リゾバ.comでは石垣島のリゾートバイトの求人を多数掲載・紹介しています。経験豊富なコーディネーターに相談して、プチ移住を体験してみてはいかがでしょうか。

マガジン一覧へ戻る まずは登録(無料)

この記事を書いた人

リゾバ.com 編集部

リゾバ.com 編集部

リゾバ.com 編集部

こんにちは、リゾバ.com 編集部です。日本全国のリゾートバイトの求人情報サイト「リゾバ.com」を運営しています。 働く!遊ぶ!体験する!を全力で応援します!

あわせて読みたい!リゾバマガジン

New

【おすすめ】北海道で人気の移住地域10選|メリット・デメリットまとめ【2024】

北海道で人気の移住地域10選

New

旅をしながら働く方法・おすすめの職種7選|旅好き必見のモデルケースも紹介

旅をしながら働く方法・おすすめの職種7選

New

【知らないと後悔】石垣島移住で失敗しないためには?【体験談もまとめました】

石垣島移住

New

【要注意】宮古島移住で後悔・失敗しないためにやるべきこと【メリットも紹介】

宮古島移住

リゾートバイトを始める流れ

  1. 1

    スタッフ登録

    これからお仕事選びを始める人、リゾバについてもっと知りたい人は「まずは登録(無料)」ボタンから登録予約をお願いします。

  2. 2

    お仕事相談

    ヒューマニックの担当コーディネーターが、勤務エリアや職種、期間、給料など、ご希望にぴったりのリゾートバイト探しをサポートします。

  3. 3

    お仕事決定、出発

    勤務先までの交通手段や持っていく荷物の相談など、担当コーディネーターがアドバイスいたします。

  4. 4

    お仕事スタート

    勤務期間中も担当コーディネーターがしっかりサポートいたします。お気軽にご相談ください。

まずは登録(無料)
リゾートバイトTOP リゾバマガジン 体験したい 移住 【知らないと後悔】石垣島移住で失敗しないためには?【体験談もまとめました】