田舎移住のメリット・デメリット。おすすめの場所や成功ポイントも紹介

line-icon
田舎移住のメリット・デメリット

「田舎に移住したいけど不安」
「田舎に移住しても後悔しない?」

上記のように、田舎移住に対して大きな不安を抱えている方もいるのではないでしょうか。

都会の喧騒を忘れて、ゆったりのびのびとした生活を実現できる憧れの田舎移住。「せっかくだから人生で一度は田舎に引っ越したい」と考えているものの、後悔だけはしたくないですよね。

本記事では田舎移住で失敗しないために、メリット・デメリット、移住を成功させるチェックリストや体験談を紹介します。

田舎移住を成功させるためには、気になる移住先で1ヶ月以上プチ移住してみるのがおすすめ。リゾバ.comであれば移住にかかる家賃や食費、交通費などの費用をかけずにプチ移住を実現できます。

コーディネーターに相談して、田舎のプチ移住の計画を立ててみてはいかがでしょうか。

田舎移住のメリット・デメリット

田舎移住のメリット・デメリット

田舎移住を成功させるために、メリット・デメリットを知っておく必要があります。

メリットだけを鵜呑みにして田舎に移住し、「失敗した」「元の場所に戻りたい」と後悔する事例はたくさんあります。本記事で紹介するメリット・デメリットをしっかり理解した上で、田舎移住を検討しましょう。

メリット

【田舎移住のメリット】

  • 自然の中でのびのびと暮らせる
  • 生活コストを抑えられる
  • 満員電車から解放される
  • 人同士の交流が近い

田舎移住の最大のメリットは自然の中でのびのびと暮らせる点です。

綺麗な川や海、山などの大自然を身近に感じて、リフレッシュしながら生活できます。休日は川の近くでキャンプを楽しむ選択肢もあるでしょう。

また田舎は都会と比べて家賃や駐車場などの費用が安く、生活コストを抑えられるのも魅力。東京23区の家賃相場は8万円〜13万円と高い傾向にありますが、後述で紹介する千葉県いすみ市の家賃は4万円〜6万円と、東京の1/2以下の賃料で生活できます。

もちろんメリットはそれだけではなく、人が少ないことによる電車の混雑がない、都会よりも住民同士の交流が近いなども田舎移住の魅力です。

デメリット

【田舎移住のデメリット】

  • 虫が多い
  • 商業・医療施設や娯楽が少ない
  • 車がないと生活が不便
  • 働き口・求人が少ない

田舎は自然が豊富な点が魅力ですが、その分木々を好む虫がたくさん生息しています。外に虫が発生するのはもちろん、家にもゴキブリやアリ、ムカデ、蚊などが侵入し、家中で見かけるのは日常茶飯事です。

また都会と比べて商業・医療施設が少ない傾向です。コンビニがあったとしても、家から30分以上離れているケースもあります。車がないと生活は不便で、都会暮らしに慣れている方だと、あまりの不便さに嫌気を感じることもあるでしょう。

企業も少ないため働き口・求人は多くありません。田舎で就職する場合、飲食店や農業など仕事が限られる点がデメリットとなるでしょう。

【後悔しない】田舎移住を成功させるチェックリスト

【後悔しない】田舎移住を成功させるチェックリスト

田舎移住を成功させるチェックリストをまとめました。

  • なぜ田舎に移住したいか明確か
  • 移住先でやりたい仕事はあるか
  • 活用できる補助金や支援制度を調べたか
  • 移住を体験してみたか

なぜ田舎に移住したいか明確か

田舎移住で成功したいなら、必ず移住したい理由を明確にしましょう。

理由が明確であるほど自分に最適な田舎の移住先が見つかりやすく、失敗や後悔につながりにくいからです。

たとえば、綺麗な海で年中サーフィンやシュノーケリングなどのマリンアクティビティを楽しみたいのが田舎移住の目的の場合、沖縄県宮古島に移住するのがおすすめ。年間通して暖かな気候が特徴で、海開きは3月下旬〜4上旬にかけてとほかの地域よりも早く、美しいエメラルドグリーンの海でマリンアクティビティを満喫できます。

田舎移住を成功させたいなら、なぜ移住したいのかを考えてみるところから始めましょう。

移住先でやりたい仕事はあるか

田舎に移住する理由が明確になると、ある程度移住先の候補が出てくるでしょう。候補となる移住先でやりたい仕事があるか確認することも、田舎移住の成功では欠かせないポイントです。

田舎は都会と比べて就ける職種が限られます。移住先によっては農業主体の場所もあるため、ITや営業のような一般的な職種がないケースもあります。行き当たりばったりで移住して、やりたい仕事が見つからなかったら必ず後悔するでしょう。

各自治体に相談したり、求人サイトを見たりするなどして、気になる移住先でやりたい仕事があるか確認してみてください。

活用できる補助金や支援制度を調べたか

田舎移住において補助金・支援制度の活用は非常に重要です。補助金や支援制度を活用できるかどうかで、数百万円ほどのお金が節約できるケースもあります。

たとえば宮城県七ヶ宿町では、新築の戸建て住居に入居し、20年間住むと土地と建物が無償で譲渡される移住支援制度があります。都会と比べて土地の価値が低い傾向にあるとはいえ、数百万円以上の価値を自分のものにできるという事実は間違いありません。

たかが補助金と考えていると、「あのとききちんと調べておけばよかった」と後悔につながります。行動する前に、活用できる補助金・支援制度がないか調べておきましょう。

インターネットの情報だと複雑でわからない場合は、各自治体に問い合わせてみるのがおすすめです。

移住を体験してみたか

田舎移住を成功させたいなら、一度現地で移住を体験してみましょう。

実際に移住を体験してみると、インターネットや雑誌などでの情報では知ることができなかったデメリットやメリット、現実的な部分がわかります。雑誌では現地住民同士の仲が良い移住先として紹介されていたとしても、実際は住民同士の仲が悪く、居心地が悪い可能性があるかもしれません。

現地に住んでみないと、わからないことはたくさんあります。せっかく田舎に移住したのに相性が合わず、1年も立たないうちに元の場所に戻る事態にならないためにも、まずは現地で1ヶ月以上のプチ移住を体験しましょう。

リゾバ.comであれば移住にかかる家賃や食費、交通費などの費用をかけずに、1ヶ月以上の田舎移住を経験できます。日本全国の気になる場所に行くことが可能です。コーディネーターに相談して、田舎移住の計画を立ててみましょう。

おすすめしたい田舎の移住先

おすすめしたい田舎の移住先

田舎移住したい方向けにおすすめの移住先を3つ紹介します。

  • 千葉県いすみ市
  • 静岡県浜松市
  • 香川県小豆島町

千葉県いすみ市

千葉県いすみ市は、海や山など豊富な自然に囲まれる魅力的な街です。

宝島社が調査した2024年版 第12回 住みたい田舎ベストランキングでランキング1位。「総合部門」「若者世代・単身者部門」「子育て世代部門」「シニア世代部門」で4冠も獲得しています。

公共交通機関の充実度は劣るものの、特急電車を活用するといすみ市から東京駅まで80分ほどで到着します。そのため東京勤務を実現しながら、田舎暮らしを満喫できるというまさに憧れの生活を実現できるでしょう。

いすみ市ではオンライン移住相談、空き家バンクなどの支援も実施しています。気になる方はぜひ自治体に問い合わせてみましょう。

静岡県浜松市

静岡県浜松市は、都会と田舎の両方の要素を兼ね備える街です。

政令指定都市の幸福度ランキングで2018年と2022年に1位を獲得。昨今移住先として多くの注目を集めており、自治体もさまざまな助成金・補助金制度を実施するなど移住に力を入れていることがわかります。

浜松市の土地は、山里エリア、海・湖エリア、田園郊外エリアと大きく3つのエリアに分類できます。マリンアクティビティを楽しんだり、ショッピングを満喫したり、移住しても飽きずに生活できるでしょう。

浜松市移住促進ホームページでは、移住者の声も多数掲載されています。浜松での充実した生活を覗くことができます。ぜひ移住の参考にしてみてください。

香川県小豆島町

香川県小豆島町は、美しい瀬戸内海に囲まれた離島です。

冬は気温が冷えて雪が降るケースもありますが、雨が少なく暖かな瀬戸内海式気候が特徴。きれいな瀬戸内海の海や木々を身近で感じ、憧れの田舎のスローライフを実現できます。

住む家の場所によってはベランダから海や山を一望できるようです。

香川県小豆島町では、移住に対して積極的に力を入れています。オンライン移住相談から空き家バンク制度などのサポートも充実しているため、気になる方は問い合わせてみましょう。

【体験談】リゾバ.comで田舎へのプチ移住を叶えた参考例

【体験談】田舎へのプチ移住を叶えた参考例

リゾートバイト求人サイトのリゾバ.comでは、リゾートバイトを活用して田舎移住の夢を叶えたい方のサポートをしています。

本章では田舎へのプチ移住を叶えた体験談を紹介します。

沖縄県宮古島

H・Mさんは、沖縄県宮古島で裏方業務の仕事に従事。

旅先で稼ぐ方法を探していたことがきっかけで、リゾートバイトにチャレンジし、田舎へのプチ移住を実現しています。

リゾートバイトの「行きたい場所で気軽に住める」という所にすごく興味を持ちました。移住だとその土地が気に入らなかったり飽きたりしても簡単に引っ越せないし、旅行で何日間も滞在するとなるとお金がかかるし…だけどリゾートバイトなら、住む家があって仕事もある、滞在期間は自分で決められるので、移住と旅行の良いトコ取りじゃん!と思いました!(笑)

お仕事の日はヴィラやシティホテルで清掃活動、休日はドライブやシュノーケルなどで満喫されています。ウミガメとも一緒に泳がれて貴重な体験をされました。

約4ヶ月間宮古島で過ごし、人生を変えるきっかけになったと語っています。

リゾートバイトは移住と旅行の良いトコ取り

長野県車山高原

渡部さんは、長野県車山高原でフロント・ベル・受付の仕事を経験しました。

たくさんの人と出会いたいという思いからリゾートバイトにチャレンジ。田舎へのプチ移住における費用がまったくかからない点に魅力を感じ、迷うことなく行動されています。

お金で悩んでいた私には、交通費・寮費・食費・光熱費が全くかからないこと、そしてリフトパスがついてくるという贅沢な条件は本当に魅力的!そんなこんなで、迷わずにリゾバをスタートしました。

リゾートバイトでプチ移住していた期間は、たくさんの人と出会い人間として一回りも二回りも成長できたと語っています。冬のシーズンはまるまるリゾートバイトで過ごし、スノーボードやBBQで充実したリゾバ生活を送られました。

お金をかけずに、いろんな人に逢っていろんな経験をしたい(笑)!

田舎移住に関するQ&A

田舎移住に関するQ&A

田舎移住に関するQ&Aをまとめました。

  • 田舎に移住すると嫌がらせやよそ者はいじめられるって本当?
  • 家がついてくる移住先はあるの?
  • 田舎移住に向いているのはどんな人?

田舎に移住すると嫌がらせやよそ者はいじめられるって本当?

家がついてくる移住先はあるの?

田舎移住に向いているのはどんな人?

田舎移住を成功させるならまずはリゾバ.comでプチ移住をお試し!

田舎移住を成功させるならまずはプチ移住をお試し

本記事では田舎移住のメリット・デメリット、成功させるためのチェックリストをまとめました。

昨今は田舎移住に対してさまざまな補助金や支援制度が実施されているうえに、リモートワークが増えてきた影響により、移住のハードルが低くなりつつあります。しかし気軽に田舎に移住できるからといって、勢いで移住を決めると必ず後悔につながります。

田舎移住のメリット・デメリットを理解するのはもちろん、気になる移住先で1ヶ月以上のプチ移住を経験したうえで、本格的な移住を検討するようにしましょう。

リゾバ.comであれば、移住にかかる家賃や食費、交通費などの費用をかけずにプチ移住を実現。経験豊富なコーディネーターが日本各地のリゾートバイトを提案し、あなたの田舎移住を応援します。

マガジン一覧へ戻る まずは登録(無料)

この記事を書いた人

リゾバ.com 編集部

リゾバ.com 編集部

リゾバ.com 編集部

こんにちは、リゾバ.com 編集部です。日本全国のリゾートバイトの求人情報サイト「リゾバ.com」を運営しています。 働く!遊ぶ!体験する!を全力で応援します!

あわせて読みたい!リゾバマガジン

旅をしながら働く方法・おすすめの職種7選!旅好き必見のモデルケースも紹介

旅をしながら働く方法・おすすめの職種7選

【おすすめ】北海道で人気の移住地域10選!メリット・デメリットまとめ【2024】

北海道で人気の移住地域10選

田舎移住のメリット・デメリット。おすすめの場所や成功ポイントも紹介

田舎移住のメリット・デメリット

【要注意】宮古島移住で後悔・失敗しないためにやるべきこと【メリットも紹介】

宮古島移住

リゾートバイトを始める流れ

  1. 1

    スタッフ登録

    これからお仕事選びを始める人、リゾバについてもっと知りたい人は「まずは登録(無料)」ボタンから登録予約をお願いします。

  2. 2

    お仕事相談

    ヒューマニックの担当コーディネーターが、勤務エリアや職種、期間、給料など、ご希望にぴったりのリゾートバイト探しをサポートします。

  3. 3

    お仕事決定、出発

    勤務先までの交通手段や持っていく荷物の相談など、担当コーディネーターがアドバイスいたします。

  4. 4

    お仕事スタート

    勤務期間中も担当コーディネーターがしっかりサポートいたします。お気軽にご相談ください。

まずは登録(無料)
リゾートバイトTOP リゾバマガジン 体験したい 移住 田舎移住のメリット・デメリット。おすすめの場所や成功ポイントも紹介