みんなのリゾートバイト体験談 vol.51

リゾバエリア:新潟県・湯沢
シーズン  :冬
期間    :3か月未満
経験職種  :レストランサービス

リゾバのきっかけは学費を稼ぐため!

リゾバのきっかけは、ズバリお金を稼ぐ為です。学費を稼ぐために、色々な方法を探していて、まとまったお金を稼ぐ方法はこの方法しかない!と考え、決めました。もともと私は旅行が好きで、行ったことがない場所に長く滞在できるというところにも魅力を感じました。

今回、2ヶ月滞在した湯沢は、お金を貯めるのには非常にいい環境でした。なぜなら、稼いだお金を消費するところが少なかったからです。一番近くのコンビニは、ホテルから車で15分位かかるので、面倒臭くてほとんど行きませんでしたし、基本的に食事は無料で提供されていたので、むしろお金を使う所を探す方が大変なくらいでした。

「学生が働いているイメージ」だったリゾバは、年上も意外と多かった!

勤務時間帯は朝6時に出勤し、間に休憩をはさみ、だいたい22時半位まで働きます。働いていたのはバイキング形式のレストランで、配膳が主な仕事でした。最初、誰がどういうポジションなのか、職場全体を把握するのに時間がかかったことや、途中、人手が足りない時期もあって、大変だったこともありました。

リゾバで働く人は、ほとんど学生だと思っていたのですが、意外に年上の方も多かったのにはビックリしました。同室になった30代の先輩からは、「仕事」と「プライベート」との切り替えについてなど、仕事に対する姿勢を熱く語ってもらいました。「おまえは若いんだから、今のうちに遊べるだけ遊んでおけ‼」とのアドバイスも、繰り返しいただきました(笑)。

年上の人と仕事ができたことは、これから社会にでていく私にとって、「実社会」を知ることが出来る良い機会になりました。

言われてうれしかった、「ありがとう」の言葉

改めて実感したことは、お金を稼ぐことは厳しいということ! これだけ働いて、稼いだお金は、すぐになくなってしまう…。そう考えると、お金を稼ぐことは大変なことなんだと実感できました。

それと同時に、働くことの楽しさも実感でき、いい経験になりました。職場で一番言われてうれしかったことは、感謝の言葉です。自分がした仕事に対して、お客様から直接「ありがとう」と、言われるのは非常に気持ちよく、日々の仕事のモチベーションアップにつながりました。

また、お客様の対応をしながら、裏方の仕事もこなさなくてはならないので、同僚との協力は必要不可欠なものでした。その中で、同僚から「ありがとう」と言われるのは、信頼感みたいなものを感じ、非常に仕事が楽しく感じられました。

社会人の先輩と関われる、学生時代のリゾバはオススメ!

湯沢はスキー場は有名ですが、それ以外にも自然が豊かだし、温泉もあっていい所でした。スノボする人にもオススメの場所で、私はマイボードを持っていかなかったこともあって、2ヶ月間で7回位しか滑りませんでしたが、よく滑っている人は、多い時で週に4回は滑りに行っていましたよ。

職場の先輩たちや同僚とも、車でゴハンを食べに行ったりして、良い思い出ができました。リゾバに行って、社会人の先輩と関われたり、話を聞く機会があって、とても為になりました。学生の時でしか経験できないので、特に学生時代でのリゾバはオススメです!

to top