みんなのリゾートバイト体験談 vol.34

リゾバエリア:神奈川県・箱根
シーズン  :秋・冬
期間    :6カ月以上
経験職種  :業務全般

 

ケガをしてから人生が一転、自分を変えるキッカケがリゾバ!

ずっと野球をやっていたおかげで、大学には特待生で入学できたんです。 毎日大変でしたが、大好きな野球にどっぷり浸かれる充実した日々でした! でもあるとき、練習中にケガをしてしまい、それが原因で退学することになってしまったんです。 すごくショックでした。気持ち的にも落ち込んでしまい、 もう何もやる気が起きなくなり、ひきこもりがちに…。

いつまでもこれではダメだと思って、なんとか自分を変えたくなったんです。 友達がリゾバで働いたことがあると聞いて、リゾバに興味をもつようになりました。 日常から離れられるリゾバなら、じっくりと自分と向き合える時間が持てるかもって思い、 試しに一度だけ、という気持ちでとりあえずやってみることにしたんです。 この時の決断があったから今の僕は前向きになれた、と言っても過言ではないかもしれません!

普通のバイトではなく、リゾートバイトだからできたこと

実家から離れたところで働きたいと考えていた自分にとって、 リゾートバイトはまさにぴったりのお仕事だったと思います。 一人で人生に考える時間も欲しかったし、無料の寮もあって食事もついてきますからね(笑)。

働くエリアをどこにしようかと悩みましたが、結局箱根を選びました。 小田原、湯河原、箱根あたりは昔に家族で旅行に行ったりしていて、すごくいい思い出ばかりが残っていたんです。 そんな思い出の場所でおもてなしをする立場として働いてみたい、という想いを抱くようになりました。 働く前は、派遣スタッフは派遣スタッフだけで行動するんだろうなと思っていたんですが、 実際に働いてみると、社員さんとの交流がとても多くて驚きました。 支配人に高~い焼肉をごちそうになったり、社員さん達とバッティングセンターや釣りに連れて行ってもらったり。 とにかく毎日が思い出作りの日々でした!

お客様とのやりとりで心境に変化が!

お客様は日頃の疲れから解放されて「癒されたい!」って思って、箱根に来るんだと思います。 だからお客様の目を見て会話し、どんなことを私達に求めているのか感じとるように心がけていました。

僕が接客したお客様の中で印象に残っていたのが、毎日すごくたくさんの薬を飲んでる方。 その様子を見ていて気になっていたところ、お客様自身から重い病気を患っているということを教えてもらったんです。 すごく辛いはずなのに、「ごちそうさまでした!美味しかったです!」と 苦しさを感じさせない強い笑顔で僕に感謝してくれたのはすごく嬉しかったです! 励まさなきゃいけない立場なのに、逆に励まされたような気もしました。 挫折して落ち込んでいる自分がちっぽけで情けなくなって、 これからは毎日、前向きにがんばらなきゃ!と実感しました。 後から考えると、このお客様との出会いが自分を変える第一歩になったんだなって思います。

アメリカからのお客様との交流で視野が広がった!

ある時、いつも通り接客をしていると、お客様が僕の接客を褒めて下さいました。 そのままレストラン営業終了後もお話をしていて、話題は野球で挫折した自分のことに。 お客様は真剣に聞いて下さり、僕を励ましながらいろいろとアドバイスを下さいました。 その方々はアメリカに住んでいて、 「日本人は人の目ばかり気にしていてそれじゃ何も楽しくないよ。 アメリカでは好きなことするのが大前提で、小さい悩みなんか気にしてないし、 アメリカに少し長い間住んでみればきっと人生観が変わるよ!」 と言っていただいたんです。 人生の選択肢や考え方の引き出しが増えてかなり気持ちが楽になりました! おかげさまで今、ものすごく真剣にアメリカへの旅行を考えています!

リゾバがきっかけで人生観や生き方への考え方が変わった!

リゾバで過ごした時間は、僕にとってかけがえのない大切なものです。 今後はリゾバで得た、挫折を怖がらず挑戦する気持ちを大事にして、 興味のあるいろんなことに正面からぶつかっていきたいです!

何かに悩んでいる方や、心機一転がんばりたい人。 リゾバをする理由はそれぞれあるとは思いますが、なにも怖がる必要はありません。 どーんと飛び込んで精一杯やってみてください! 前向きにさえ取り組めば、必ずやってよかったと素直に思えるはずです!

to top