みんなのリゾートバイト体験談 vol.06

リゾバエリア:長野県・車山高原
シーズン  :冬
期間    :6カ月以上
経験職種  :ベル・フロント

お金をかけずに、いろんな人に逢っていろんな経験をしたい(笑)!

「人のキャパシティって、今までに自分が経験してきたことそのものだから意識的にたくさんの人と話をしたり、自分から積極的にいろんなことを経験していかないと広がっていかないよね!」 ある日、知人からそんなことを言われて思ったのがこのまま平穏に地元で過ごしてるんじゃなくて、自分から踏み出してたくさんの人と出逢いたい!そして、いろんな人のいろんな話を聴きたい!ということ。それがリゾバのきっかけになったんです。 せっかくなら自分が行ったことのない土地へ行きたいって思ったんだけど、“先立つもの”がなくて…。何をするにしてもお金って必要なんだなって悩んでいました。 そんな時、携帯のサイトを見ていたら、たまたまリゾバを発見!思い立ったら即実行!な私なので早速ヒューマニックに電話してみました。 はじめは、縄文杉などの大自然が有名な屋久島に興味があったんだけど、ちょうどこれから冬シーズンという時期だったので、スタッフのお姉さんと話をしている内に雪山に惹かれてしまいました。もともとスノーボードが好きな私にはピッタリのリゾバだし、知らない土地の最高な雪質で滑ってみたいという想いと「長野の車山高原って空気が本当にキレイだから、星空はまるで天然のプラネタリウム!」という言葉にやられてそこに決めました(笑)。 お金で悩んでいた私には、交通費・寮費・食費・光熱費が全くかからないこと、そしてリフトパスがついてくるという贅沢な条件は本当に魅力的!そんなこんなで、迷わずにリゾバをスタートしました。

ホテルのフロント・デザイン・手話… 経験を活かして出逢いの場を増やせました

お仕事はリゾートホテルのフロントでした。フロントのお仕事は初めてだったので不安でしたが、もともと接客が好きだったし、親切なスタッフのみなさんのおかげで環境にもスグなじむことができました。 はじめのころは中抜けでの休憩が多くて、寮から仕事場まで徒歩での行き来がハードでしたが、大自然のど真ん中にあるホテルだったので、地元では見れないような景色や空が見れて疲れも吹き飛んでいきました!星空は本当に“天然プラネタリウム”!鹿やキツネにも何回も遭遇しました。八ヶ岳から昇る朝日と朝焼けは感動モノです。 フロント業務に慣れてからはゲレンデでのお仕事を手伝うこともありました。スキー初体験という海外からのお客様の補助やカメラマンをしたりもしたんですよ!あと、私は前職がデザイン関連だったので、PhotoshopやIllustratorなどの画像編集ソフトを使ってブライダル写真の補正や、席次表・席札のデザインなんかもやらせてもらったりもしました。他にも手話通訳の経験があったから、聴覚障害者のお客様に手話で対応することも。「麻衣ちゃんスゴいね!」なんて言ってもらいながらお仕事できたのはうれしかったですね! そんなお仕事を通して学んだことは、あいさつや笑顔は人の輪を繋げるということです。たくさんのスタッフに良くしていただいて、一回りも二回りも成長することができました。 みんなに支えられて自然と出ていた笑顔のおかげで、たくさんの人の繋がりができていて、いつの間にか大きな輪になっていました。素晴らしい出逢いに恵まれて、今では感謝の気持ちでいっぱいです。

遊びも充実!ワンシーズンを通して冬を満喫しました

フリーリフトパスを使って、スノーボードは毎日滑り放題!ほかにも残雪キッカーでやったBBQが楽しかったです。雪の上でみんなで飲んだり食べたりしたビールやお肉は本当に美味しかったし、BBQの合間にハイクしながらキッカーを飛んだりもしたんです。みんな上手なひとたちばかりでしたが、私も一緒に楽しんで滑ってました! 仲良くなったスタッフと一緒に長野を散策して、いろんなところに連れて行ってもらったりもしたんですが、冬の間は車を持ってなかったので、たまの休日に山をくだると本当に新鮮でした。夜になると人気のないようなところで過ごしていたのでコンビニの明るさに感動したりして(笑)。お仕事もそうですが、遊びの時もいろんな人たちと一緒に過ごせたのがよかったです。

リゾバで身についた度胸!もう怖いことはありません(笑)!

標高1500メートル以上の山での生活だったので、コンビニは歩いて行けるところにはなく、もちろんスーパーもないので、何か足りなくなったり、小腹が空いたりしたときには困りました…。まぁそれも大自然ならではなのですが…。 そんな見ず知らずの土地で初めての人たちと過ごすリゾバを経験したおかげで、かなり度胸はついたと思います。もう日本でも海外でも、1人でどこにでも行ける自信があります(笑)! 友達もたくさんできました。寮は仕事が終わればみんなで集まって、たこやきパーティーをしたり、お酒を飲んだり。人との出逢いが多い大自然での生活に、とにかく毎日飽きることがなかったです。 “便利”や“モノ”にあふれた日常では人を求める機会にちょっと気づきにくかったりするのかな、ってふと思ってリゾバでの生活がまた恋しくなったり…。 出逢いや珍しい経験がいっぱいで、毎日スノボを滑れて、仕事も楽しくて、稼げる!これって本当にすごいことだと思います!!

いい人たちに巡り合うことができるかできないかも自分次第!

自分が心を開いてぶつかっていかなければ、巡り合うことも引き寄せることもできません!これ鉄則!私が体験してみてリアルに実感したことです。 迷う前にまず一歩踏み出すこと!ヒューマニックに電話をかけてみる、登録してみる、これがまず第一歩になるんだと思います。 あとは信じられないぐらい親切なヒューマのスタッフの方が、不安を期待に変えてくれますよ!

to top