日本文化に触れたい ワーホリ×リゾバの体験談| リゾートバイトの【リゾバ.com】

Rizoba Voice

日本文化に触れたい
ワーホリ×リゾバ

プロフィール

ホポレンさん

大好きな日本の文化を自分の目で見て感じたいと、過去3回来日している台湾出身のホポレンさん。4度目となる今回はワーホリビザを取得し日本へ。仕事を決めずに来日し、リゾートバイトと出会ってスノーボードを満喫!スキー場での仕事や寮生活の様子、休日の楽しみ方をご紹介。ワーホリで来日する人に向けたメッセージもいただきました。

日本が大好き♪お気に入りは戦国時代‼

高校の頃から日本の歴史が好きで、「信長の野望」というゲームにハマって戦国時代のトリコになりました。もちろん好きな武将は「織田信長」!!ワーホリで来る前に3回来日していて、大阪・奈良・京都・東京・江ノ島・小田原など訪れました。富士山も登ったことあるんですよ!まだまだ日本で行きたい所がたくさんあって、島津義弘がいた薩摩藩(鹿児島)や伊達政宗ゆかりの地・仙台も訪れてみたいです。

リゾバとの出会い「スノーボードがやりたくて」

ワーホリビザ取得後、まだ仕事が決まっていない状況でしたが、思い切って日本へ。まずは京都に向かい、そこでビジネスホテルの求人情報を目にしたんです!それで履歴書を直接持って行き面接、採用してもらいました。だけど冬が近づくにつれて、スノーボードをしたいという気持ちが大きくなり…。そんな時に、ヒューマニックと出会いました。最初は北海道を希望していたけど、いいなと思った所では日本語レベルが足りず。でも北海道にも劣らない雪質の白馬で仕事を紹介してもらえて、念願のスキー場でリゾバができることに!スノーボードは初心者だったけど、週1回ぐらい丸一日滑れる日があって、寮で同室だったオーストラリアの友人に滑り方を教えてもらい、それなりに滑れるようになりました!八方、栂池、岩岳など白馬の色々な山で滑り、また来年もスノーボードをやりたくて今からうずうずしてます。

リゾバ体験談写真 淡路島

リゾバで仕事もプライベートも充実

仕事内容は、スキーやスノーボード、ウエア、ヘルメットなどのレンタル業務でした。はじめは用具の知識などはなかったけど、店長さんから日本語で教えてもらい、少しずつ覚えていきました。白馬は、70%がオーストラリア人のお客さんで、接客はほとんど英語。寮では、食事がついていなかったので、スーパーに食材を買い出しに行って、毎食自炊!そして夕飯を食べたあとは、毎日近くのパブへ行き、ゲームやダーツ三昧(笑)お酒が弱い僕でも楽しめました。友達もたくさんできましたよ!その他、休日は市街地に出かけたり、長野市の善行寺にお参りに行ったり、松本城も訪れたりして、大満喫です♪

リゾバ体験談写真 淡路島
リゾバ体験談写真 淡路島

1年のワーホリでは物足りない!

これからワーホリに来る人には、1年しかないワーホリの期間を、充実した時間にしてほしいです。そのためにも、リゾバをオススメします。コーディネーターさんには働きたい場所や仕事内容も相談できるので、自分の希望にあった仕事が見つかると思います。
ぼくは、リゾバを通して日本語や英語のレベルがまだまだ足りないと感じました。ワーホリの期間もあと4ヶ月を切ったので、時間を有効に使ってたくさん勉強してもっともっと語学力を上げていきたいと思っています。そして、いつか永住権を取得して、キッチンカーで手作りの台湾料理を販売しながら日本中を旅するという夢を叶えたいです‼

リゾバ体験談写真 淡路島
to top