6月のリゾートバイトの特徴と観光もできるおすすめリゾート地 リゾートバイトの【リゾバ.com】

6月のリゾートバイトの特徴と
観光もできるおすすめリゾート地

ジメジメとした天気が続くと、ちょっとやる気スイッチが入らないなんていう日も多くある梅雨の時期。だけど6月は、夏リゾバを楽しめるか否かを決める分かれ道…!のんびりしてたら夏リゾバのスタートダッシュに乗り遅れてしまいますよ!?そうならないためにも、 6月のリゾートバイト案件の特徴と勤務地選びの参考となるおすすめのリゾート地をご紹介していきます。

6月は他の月と比べて募集される仕事や勤務地にはどんな傾向がある?

まずは6月のリゾートバイトの現状、どのような職場や職種があるのかを紹介していきましょう。

リゾート地は夏に向けての準備期間

6月は、GWと夏休みのちょうど間の期間にあたることから、リゾート地は比較的落ち着いていて、求人も他の月と比べて少なめです。だからと言って気を抜いていたら、気づいたら夏本番だった…なんてことも。6月は夏に向けての募集が本格化してくる時期。毎日続々と新しい案件が増えているので、要チェック!夏の計画をまだ立てていない人は、早めに予定を立てて、早期応募をするのがオススメです

6月の主な勤務地や職種

世界最大級の海水プールがある三重県の「ナガシマスパーランド」や、香川県にある中四国地域最大規模の「レオマリゾート」といったテーマパークでは、一足早く夏に向けて、プールスタッフアトラクションスタッフなどの案件が出ています。また、オフィシャルホテル内でのバイキング売店裏方業務などの募集もあるので、幅広い職種の中から選ぶことが可能です。

6月の求人案件のメリットや応募傾向・応募のコツ

6月にリゾートバイトを始めようとしている方に知っておいてもらいたいメリットや応募に関する知識をご紹介していきます。

6月に応募するメリットとは?

6月は、夏に人気の職種やエリアですでに募集が行われています。7月に入ると、応募が殺到してくるため、今ならお仕事が選び放題! 夏リゾバを楽しみたい人は今すぐチェック!

夏をより感じられる職種が大人気

リゾバ先でたくさん友達が出来た!仕事だけどなんだかすごく楽しめた!夏の良い思い出が出来た!と毎年大好評の職種といったら、やっぱり「マリンスタッフ」や「プールスタッフ」。楽しすぎて毎年リピートしているスタッフさんも多くいます!夏が近づくにつれてどんどん募集枠がうまってしまうので、応募するなら希望が通りやすい今が狙いです

夏が待ち切れないあなたは沖縄へ!

国内でどこよりも早く夏を迎える沖縄は、6月から夏本番!例年、6月中旬には梅雨があけ、早くも夏気分が味わえます。本格的な採用活動はすでにはじまっていて、6月から勤務がスタートできる職場もたくさんありますよ。さらに、ダイビングのライセンスが格安で取得出来たり、ヒューマニック限定のイベントに参加することができるのも、沖縄でのリゾートバイトの特権です。

6月のリゾートバイトの応募のコツ

夏リゾバは、年間を通じて最も希望者が多く、7月に入ると応募はピークをむかえます。人気の職種やエリアはすぐに埋まってしまうので、比較的まだ希望者が少ない6月から動き始めるのがベスト

今年の夏休みは、人気のリゾート地でかけがえのない思い出を作りたいと考えている人はまずは登録して、採用担当に相談してみましょう。ここだけの話、6月はじっくり相談できる時期なので、人気のリゾバ先をこっそり教えてもらえるかも!?早めの相談で、人気スポットを押さえるのが、6月の応募のコツです。

6月にリゾートバイトをするのにおすすめの人気観光スポット3選

リゾバを楽しむためには、オフの日に何をするかも重要です。そのため、勤務地の観光名所は調べておきたいところであり、その観光名所目当てに勤務地を選ぶのもひとつの手です。 今回は、6月に全国で人気が高い観光スポットを厳選して3つご紹介します!

『ハーリー』で盛り上がる沖縄

舳先には竜の頭、船尾には竜美尾が装飾された「爬竜船(はりゅうせん)」と呼ばれる船で、競漕する沖縄の伝統行事「ハーリー」。毎年5月から7月にかけて航海の安全や豊漁を願い、沖縄県の各地で催されます。実際にハーリーに参加したスタッフさんもいるんですよ!ハーリーをメインに、会場では民謡や舞踊などのステージイベントも開催される所もあるので、リゾバ中に沖縄の文化や歴史に触れることも出来ます

ハーリー

6月が見ごろのアジサイ 絶景がのぞめる「下田公園」

6月に咲く花の代表と言ったら「アジサイ」。そのアジサイの株数日本一の公園こそが、静岡県伊豆半島にある「下田公園」。東京ドーム7個分の敷地を誇る公園に、紫色や白、ピンク色をしたアジサイの花が咲き乱れます。小高い丘になっている園内からは、下田市街を一望出来ます。毎年6月1日から30日の間は「下田あじさい祭」が開催されています。海がキレイな伊豆だからこそ、夏のイメージが強いかもしれませんが、梅雨の時期のリゾートバイトのエリアとしてもオススメです!

下田公園

苔の絨毯で癒し効果抜群!? 京都「西芳寺」

京都市西京区にある「西芳寺」は、通称「苔寺」と呼ばれ、境内は120種類もの苔が一面を覆いつくしています。特に苔が美しく見えると言われているのが、梅雨の時期。雨を浴びて生き生きとした苔を見るには絶好のシーズンです。清水寺や金閣寺などと共に世界遺産に登録されており、参拝するには事前予約が必要ですが、見る価値大のオススメスポットです。苔の絨毯は年間を通じて見ることが出来るので、関西地域にリゾバで行った際にはぜひ!

西芳寺
to top