みんなのリゾートバイト体験談 vol.77

リゾバエリア :昼神温泉(長野県)
シーズン   :春
期間     :1ヶ月
経験職種   :仲居

引越しまでのわずかな時間を有効活用してリゾバ!

前職を退職し、引越しの予定日まで一カ月くらい時間があいていたんです。何か自分の為の時間を作りたいと思い、バイト検索していたところ、リゾバの存在を知り、各リゾバサイトをチェック。興味もあったので、これを機にやってみようと思いました。派遣会社もいくつかありましたが、一番対応が親切だったヒューマニックに決めました。 元々は山小屋のバイトを探していたんですが、最終的に決めたお仕事は仲居さん。はじめてのリゾバだったし、不安もあったんですが、周囲に恵まれて、とても居心地がよかったです。居酒屋のバイトの経験が活かせたので、あまり難しい印象はなかったです。居酒屋でバイトしたことがあれば出来る気がします(笑)

1カ月の短期で、稼ぐと同時に学び、成長できる

はじめてのリゾバだったため、最初一の週間は、正直、早く帰りたくて辛い気持ちもありました。でも、仕事を覚えて生活に慣れていくと、すぐに楽しくなってきました。 最初はリゾバって若い人がいっぱいのイメージがあったんです。でも、実際は母親と同じくらいの年齢の方が中心でした。中には祖母位の年齢の方もいらっしゃいました。そのためか、皆さん娘のようにかわいがってくれ、とても居心地がよかったです。沖縄出身の方からは、沖縄そばを作って頂いたり、勤務中にもおやつをたくさん頂きました。あと、温泉に毎日入れたのは、とても幸せでしたねー。 私より少しあとに同世代の子がリゾバにきたのですが、とても仲良くなり、休みの日は一緒にお茶に行ったりしていました。 先輩方は皆さん勝気なところもありますが、とてもいい方ばかり。私は今までは、自分がどう思われているか、とても気にするタイプだったんです。でも、先輩の仲居さん達が自分の意見をしっかりと言い、自主的に行動し、何か嫌なことがあっても翌日に持ち越さない姿を見て、生き方の参考になりました。休み時間もたくさんあって、自分の時間をしっかり持てるので、自分と向き合うこともできて、次のステップへのアイデアを練ることもできました。

仲居の仕事、実際や休日は、こんなです

仕事は朝の7時くらいから始まります。9時くらいまでは朝食の配膳や、お客様へのサーブ、お茶出し、ミニコンロへの着火、片づけ。その後夕食までは中休みを頂けるので、朝ご飯を食べてから寝たりテレビを観たりしていました。近くのコンビニや川に涼みにいくこともありましたね。15時半くらいから夕食の準備と配膳です。夕食といっても宴会なので、お吸い物椀の準備やアユの塩焼きを載せるお皿にお漬物などをセットしたりとか。その後、自分たちの夕食やおやつタイムがあって、氷や水割りの準備をします。その後、煮つけ、お刺身など料理の配膳。お客様がいらしたらお酒のオーダーを取り、お出ししたり、食べ終わったものの片づけなど。宴会終了後の片づけと翌日の朝食の準備をして21時半くらいに勤務終了。 この頃にはお風呂も空いているので、ほぼ貸切状態の温泉に入って就寝といった感じです。 休日は同期のスタッフと合わせてもらえることが多かったので、一緒に街へ買い物に行ったり、近所のおやき屋さんに行ったり、川辺で涼んだり、今後の人生の話をしたりしました。昼神温泉のおやきは、本当にお薦めです!周辺環境は、自然に囲まれていて、とても静かな雰囲気でした。あと、温泉は泉質がとてもよくて、肌がつるつるになりました。温泉はもう、本当にとてもよかった。 そして、夜は星空が綺麗でしたね。まぁ、その分、近所にはコンビニが徒歩圏にあるくらいで、銀行もバスで30分くらいかかる飯田という街まで行かないとなかったですけど(笑)

これからリゾバをしたい人へのアドバイス

これからリゾバをしようと思っている人には、仕事を探す時、自分の意見をしっかり伝えることをお薦めします。特に貯金目的なのか自分の時間が欲しいのかしっかり伝えておかないと、現場に行ってから困ることになってしまいますからね! リゾバで学んだことは、いろいろな生き方があるんだなということ。悩んで動けなくなっている若い人にどんどんリゾバをすすめていきたいと思います。人生は短いんだから、あまりくよくよ考えずに、自分の思うままにやっていこうと私も思っていますしね。 とにかく生きた人生勉強ができるリゾバはプライスレス!やっぱりおススメですね!!

to top