みんなのリゾートバイト体験談 vol.75

リゾバエリア :栃木県・鬼怒川
シーズン   :冬
期間     :3ヶ月以上
経験職種   :仲居

「自分にあったものをじっくり探せる」は、リゾバの魅力

リゾバを知ったのは、ネットでした。秋田出身で地元ではなかなかいいと思える仕事がなく、いろいろネットで調べているとき、たまたま見つけました。正直仕事探しの時間が長くなってしまい焦っていたので決めました。「住み込みでできるバイト」というところに魅力を感じ、 生活費もかからないだろうから貯金もできると思い、やってみようと思いました。

仕事するうえで不安だったのは、県外で仕事するのが初めてだったことでしょうか。 なにより年齢的に不安はありましたが、楽しみの方が大きかったです。元の職場と違い、自宅で自分の時間に合わせて仕事をじっくり考えながら探せたので、本当に有難いと思いますね。自分に合った仕事、やりたいこと、どのくらい働けるかで決めました。

新しいことを、リゾバで学ぼう!働きながら、学べる贅沢!

今回鬼怒川を選んだ理由は、第一に雪がないところへ行きたかったんです(笑)あとは秋田から車で移動できるエリアにしたかった。鬼怒川であれば、そこまで遠くもないし東京にもすぐ行ける距離でもあったので決めました。

また元々着物に興味を持っていましたが本式の着付け教室はレッスン料が高くて……。通えないなぁ~と思っていたなか、仲居であれば 無料で着付けが学べるんじゃない?!と思い、身体も動かすのが好きだったし、鬼怒川での仲居のお仕事に決めました。 着付けですが、最初は40分くらいかけて着付けていました。いまでは、10~15分もあれば、着られます。着付けの知識ゼロからのスタートだったので、すごくいい勉強ができたと思っています。

仲居の仕事は、お客様の食事の準備や、食事出し、ホテルに到着したお客様をお迎えしてお部屋へのご案内などが仕事内容です。実際に着物を着て働いてみると、着物を着るってなかなか難しいと思いました。制服と違って襟や着物の裾の長さやシワなど、気を抜くとすぐだらしなく見えます。 まして本式でしたから職場で着物を着ている方を見て、どうしたら綺麗に見えるか、綺麗に着られるか髪形など含め周りの人をお手本にしていました。接客なので、話し方や使う言葉も相手に不快な思いをさせないように気をつけていました。他のスタッフ、社員さんとの関わりについても仲がよくなっても派遣という立場と、でしゃばらないように気をつけました。仲居という仕事について言えば、なかなか仕事はうまくできなかったかもしれませんが、接客が好きなので、楽しみに宿泊しに来たお客様に対して笑顔と心配りを大切にしました。

鬼怒川という土地柄、年末年始や1月は繁忙期でもあるので、なかなかお休みは取れませんでした。2月以降になると3連休のお休みなども取れたので、東京や大阪まで遊びに行けました。秋田―大阪の交通費を考えると、どこも交通費が安く行けるのでいろいろと等でもできるところもリゾバの魅力のひとつだと思います。 休日はせっかくのお休みなので、温泉を楽しんだり、美味しいお店を見つけてそこでしか味わえないものを探すのも楽しかったし、連れていってもらったりもしました。かなり楽しかったです。

頼れる担当者がいるから、初めてのリゾバでも、とっても安心!

鬼怒川にリピートしたのは、前回と違い友達も一緒に参加したからです。同じところに就業したいという希望が明確にあったわけじゃないんですけど、営業担当がいろいろと相談に乗ってくれて、交渉などもしてくれたので、同じところで就業することができました。また、寮が個室で駅から近いなど好条件なのも魅力の職場でした。

正直派遣というシステムに硬いイメージがあり、なかなか素直に相談できないかと不安だったんです。年齢的なことや、職場の環境、相談してからどのくらいで仕事につけるかなど、相談しました。 担当の方は判りやすく丁寧に教えてくれて、不安がなくなりました。とても気軽に話せる柔らかい感じだったので、細かく相談させて頂きました。すぐ対応してくれたり、確認して頂き、本当にありがたかったです。 ヒューマニック担当者は、年齢はわたしより下なんですが、頼れるお兄さんな感じですかね。

to top