みんなのリゾートバイト体験談 vol.69

リゾバエリア :和歌山県・白浜温泉
シーズン   :夏・秋
期間     :6ヶ月以上
経験職種   :接客サービス

そうだ、田舎でリゾバしよう!遊べないなら、お金が貯めやすいハズ?!

リゾバを選んだ理由は、留学資金を貯めようと思ったからです。友だちがリゾートバイトをやっていて、寮費、光熱費、食費がすべて無料という条件に惹かれました。無駄遣いしなかったら給料全額貯金できるじゃないですか(笑)。

白浜を選んだ理由は三つ。まずは田舎が良かったから。遊ぶところがあると、どうしても誘惑に負けちゃいそうな気がしたんです。次に実家から遠いこと。実家(広島県)の隣の島根県も候補地としてご紹介頂きましたが、これが片道二時間程度で帰れちゃう。実家に帰るのにお金を使うし、その分仕事は休むだろうしでいいことないな、と思ったので実家から遠い場所を選びました。最後の三つ目は、趣味で(笑)。旅行が趣味なんですが、大阪京都を除く関西圏に行ったことがなく、紀伊半島に興味があったんです。

無料社食を三食利用で半年で90万貯金!でも大好きなお菓子はやめません

一ヶ月に使っていい金額を5000円に決めて、いついくら使って残り使えるのがいくらかカレンダーに書いて管理していました。休みの日でもホテルの社員食堂に行けばご飯があるので休日でも朝早く起きて三食すべて社員食堂でした。外食は月に一回と決めていて、お金の使い道の大半はお菓子。お菓子がすきなんです(笑)。すごく大変だったって思いもないんですけど結局半年で90万ほど貯まりました。本当にがんばったなぁと、いま振り返っています。

人見知りでも、頑張れた。自分を出したら楽しくなるよ!

わたしの仕事はチェックイン後のお部屋のご案内やお茶出しがメインの接客。そのわりにもともとが人見知りなので、最初は社員さんと話すのは仕事で分からないことを聞くときくらい。雑談とかは、おなじ時期に入った派遣の人としてましたが、いつも同期入社の人と一緒にいるわけじゃないので、そういうときは基本誰とも話さず一人で黙ってました。近くで社員さん同士が喋っているのを、内心楽しそうだなー、とか横目に見て(笑)。そのうちにつまらなくなって話しかけられるのを待つのではなく、自分から積極的に話しかけたり、楽しいときはハシャいでテンションあげたりして自分を出していきました。仕事終わりにみんなでラーメン食べに行こうってときに「ラーメン♪ラーメン♪イエーイ」とか、騒いで踊ったり(笑)。

夏のシーズン中は毎日忙しかったけど、職場の仲間と励ましあって、頑張ることができました。それまでは、休日といえば白浜探検か家でゴロゴロするとか一人で過ごすことが多かったけど自分を出してからは社員さんとご飯に行ったり、花火したり、大阪旅行を満喫したり。休日だから体は休みたいんだけど、心は仕事に行ってみんなと喋りたい!と思うくらいお仕事は楽しく、みんなと仲良くなりました。

お客様の笑顔は元気の源。人を喜ばせられるのが接客の醍醐味

大きなお食事会場での朝食夕食の準備から片づけまでという仕事もあるのですが。夜は担当が決まっているんですが、朝はそうじゃないんです。夜担当したお客様に翌朝会って「昨日は有難うございました」とか、言って貰えると、スゴく嬉しかったです。他にもお客様のお部屋にお茶だしして雑談になって最後に「頑張ってね」「あなたは、いいおかみさんになるよ」って言っていただけたり。自分の接客でお客様が気持ちよくなってくれるように、一に笑顔、二に笑顔って思ってました(笑)。すっごく忙しいときに話しかけられても、絶対に自分の気分は顔に出さないように気をつけていました。少し面倒な要望などにもできるだけ添えるよう努力していました。

人を笑顔にできる、接客業は楽しいです。お客様の笑顔が、頑張ろうと思う源になっていましたね。

社会人の基本が身につく。リゾバは、楽しんだもの勝ち!

リゾバだけに限らず、仕事をするうえで基本的なこと、当たり前のことが出来てさえいれば職場の人に可愛がってもらえて、みんなと仲良くなれて、お仕事が楽しくなります。

例えば、返事はちゃんとする、 はきはき喋る、きびきび動く、寝坊遅刻はしない、判らないことはちゃんと聞く。どれも社会に出たらできていて当然とされることばかりです。逆に身につけるには、いいチャンスかも。なにより、同じ ことするにしても、心の持ちようで全然気分は変わるもの。とにかくリゾバは、楽しんだもの勝ちだと思いますね。

to top