みんなのリゾートバイト体験談 vol.65

リゾバエリア :山形県・温海など
シーズン   :春
期間     :3ヶ月以内
経験職種   :レストラン/仲居

 

リゾバをリピートしたきっかけ

オーストラリアへ語学留学経験があって、英語を使った仕事もしたいと思っていたのと、スノボも大好きだから、世界有数のスキーリゾートに滞在してみたいって思っていました。それで、北海道のスキー場でリゾバしたいと思い、ネットで検索をし始めたら、ちょうどいいタイミングでスキー場での託児所の募集があったんです。以前就業していた保育士の仕事も生かせると思い、チャレンジ!

スキー場リゾバの後、カナダでのワーキングホリディまでの準備期間に資金を貯めたかったので、出発までの間に手っ取り早く稼げると思い、リゾバをリピート! 職種にはこだわらなかったのですが、保育士の資格を生かせたのはもちろん、リゾバ先で、ネイティブの英語を話すお客様やスノボ・スキーのインストラクターなど、海外の方が本当に多かったので、勉強になりましたよ!

初めて経験した「仲居さん」や楽しい仲間との出会い!

始める前のリゾバのイメージは、リゾート感、開放感、ゆる~い感じでしたが、実際に働いてみたら、モチロンそんなことはなく、とにかく必死!(笑)そんな状況でも、各地から外交的な人が集まってきているから、似た者同士、すぐに友達がたくさんできて、とにかく楽しい!! 寮が相部屋なのも、仕事が終わって、部屋に帰った時に友達と話せるのが心地良く、時々誰もいないと寂しく感じるほどでした。

また今回初めて仲居さんの仕事を経験したのですが、周りの人達にも親切に教えてもらえ、楽しい雰囲気だったこともあり、すんなり乗り越えられました。着物の着付けや料理の説明など新しく覚えることがあり、慣れるまでは大変だと感じることもありましたが、社員さん達の工夫が見られて勉強になったし、明るく元気なおばちゃん仲居さんたちに囲まれて元気をもらえ、いい経験になりました。

SAJ1級も取得!生の英語にも触れられたニセコでの経験

ニセコでは託児所で働きましたが、外国人だらけの環境でした! スタッフは四人で、1~5歳のこどもを最大12名位まで預かるのですが、私はその中で日本人リーダーとカナダ従業員の間にたって通訳をしたり、顧客が9割位外国人なので、英語で子供たちの保育をしました。子供たちとのやりとりの中でネイティブな会話を聞けて、「こう表現すればいいのか!」と、生の英語に触れられ、感激でしたよ!!

就業後や休日にはスノボを楽しみました。世界有数のパウダースノーを求めて外国人インストラクターも大勢くるので、彼らと英語もスノーボードも共有できたのが、夢のように楽しかったです!! お互い日本語と英語でスノボを教えあったりして、コミュニケーションもバッチリ! SAJ1級(日本のスノーボードインストラクター資格)も取得しました!!

目標の一つだった貯金もバッチリ!得る物いっぱいのリゾバ♪

カナダに行くまでの2ヶ月半、渡航への資金を少しでも増やしたかったし、それまでの住む場所も探していたので、合間にリゾバができてラッキーでした♪ 寮費、食費も無料だし、働いた分はしっかり稼げたし、近くに無駄なショッピングをする環境がなかったのでしっかり貯金が出来てよかったです。

山形でのリゾバは着付けも覚えられたし、お散歩したり、正直周りは何も無かったけど(笑)、でもそのおかげでゆっくりとスローライフを楽しめましたよ。 働きながら好きな場所に滞在できるリゾバは、前向きなパワーと新しい場所に適応する力が得られたり、エネルギッシュな友達との出会いの場であったり…。リゾバを経験して、得る物・メリットがいっぱいあったので、私はやって良かったです(^o^) 少しでも興味があるなら、オススメですよ!

to top