みんなのリゾートバイト体験談 vol.58

リゾバエリア :長野県・斑尾
シーズン   :夏
期間     :1ヶ月
経験職種   :レストランホール業務

夏休みを利用して、リゾバに初チャレンジ!

インターネットでバイトを探していて、サイトを見つけ、応募したのがリゾバのきっかけです。

リゾバを選んだ一つ目の理由は、大学の学食でしていたバイトが夏休みはないため、夏休みを有効利用できると思ったから。二つ目はお金を稼ぐため。夏休みの前半を使ってがっつり稼ぎたいと思ったんです。そして三つ目は、社会勉強をしたいと思ったから。 他のバイトもチェックはしましたが、早くバイトを探したかったので、ヒューマニックさんの迅速な対応で決めました。また、ヒューマニックさんの対応が大変親切で理解しやすかったことも理由でした。

接客業の基本が身につき、自信につながった!

仕事は基本「中抜け」という朝と夜のシフトで、お客様の注文を取ったり、食事を終えた食器の片付け、部屋の清掃や準備などでした。お盆シーズンは約1000人程泊まりに来ていたので、とても忙しかったです。

バイトが始まって数日後のミーティングで、社員さんに「接客業ではお客様が第一であり、何気ない一言や気遣いが大切なので常に心がけてほしい」と言われました。それで、言葉使い、礼儀作法、お客様への気遣いなど、接客業の基本となることを学び、お客様に対する接し方を改めることにしたんです。その後、お客様からお礼の言葉をいただけたことが度々あり、社員さんから教わり、意識し続けた「接客業の基本」が身についてきたんだと、自信になりました。

尊敬できる友達との出会い

職場は学生が多かったので、すぐに皆と仲良くなりました。休みの時間は色々なことができて、テニス、卓球、ボブスレー、カラオケ、ターザンロープ、魚釣り、パターゴルフ、リフトなどを一緒にやりました。その中で「貯めたお金は留学の費用にする」と言っていた友達がいて、漠然と稼ぐことを目的としていた自分とは違い、本当にすごいと思いました。

留学がしたくて、ずっと勉強し続けてきたという話を聞いて、友達の留学に対する熱意には心打たれました。自分だったら同じようにできるかどうかわかりません。本当に尊敬できる友達に出会えて、いい刺激になりました。

社会勉強ができるリゾバは、学生時代にオススメ!

標高約1000mの斑尾高原は、冬はスキー場として、夏は平均気温22℃の避暑地として、またグリーンシーズンにはアウトドアスポーツや自然体験、トレッキングなどができます。自分は走るのが好きなので、野尻湖一周を走ったり、斑尾山に走ってのぼったりして楽しみました!

このリゾートバイトでは、多くのことが得られました。工学部なので、仕事として将来接客業やサービス業を選ぶことはないかもしれないけど、言葉使い、礼儀作法、気遣いなどを学んだことは、将来どこかで必ず役にたつと考えています。

もし興味が少しでもあるんだったら、リゾバにチャレンジしてみてください。特に学生時代のリゾバはおすすめですよ!

to top