みんなのリゾートバイト体験談 vol.55

リゾバエリア:群馬県・北軽井沢
シーズン  :夏
期間    :1か月
経験職種  :アドベンチャースタッフ

 

仕事で鍛えられた「広い視野を持つ」ということ

私の担当はアスレチックスタッフとして、説明や安全のためのパトロールをすることでした。アスレチックで遊ぶ際、お子様も大人も安全器具を使うのですが、その安全器具の使い方とコースの周り方を説明する「安全講習」を行い、そのあとに練習用コースへ進み、クリアできていたら、本番のコースへ。

その際、私たちスタッフは安全に遊んでいるかを見回る「パトロール」をするのですが、もちろん一組のお客様をずっと見続けることはできないので、広い視野で確認する、ということがとても重要になってくるんです。集中力を持続させなくてはいけないので、何時間もするとなると疲れましたが、その結果、広い視野で現場を見ることが出来るようになりました。

説明の仕方を変えたことで成功!仕事を通じて、成長できた経験

あるお子様が途中で集中力を切らしてしまい、練習用コースをうまく進むことができないということがあって…。そこでもっと自分に注目してもらおうと思い、説明する相手によって、説明の仕方を変えるようにしてみたんです。

説明の中に効果音をいれるようにして、口で転落音や衝突音を出しながら説明してみたら、お子様の興味をひき、集中力を途切れさせないことに成功! 歯笛ができるので、実際にやると、お子様から笑い声や「おおーっ」といった歓声が聞こえてきて、喜んでいただけちゃいました。

それに普段あまり話すことのない小さなお子様や年配の方々と話せたことも楽しかったです。中には自分の名前を覚えてくれた人もいたので、仕事へのやりがいにもつながりました。たくさんの人とコミュニケーションがとれたことは貴重な経験になりました。

大学最後の夏、友達3人で出来るアルバイト探しがきっかけ

4年生、学生最後の夏に友達と一緒にできるアルバイト探しがリゾバのきっかけでした。8月限定の短期の仕事で、3人で一緒の現場に入れることが条件で探していて…。給料が20万円以上稼げること、3人とも同じ寮という希望もあったのですが、見事当てはまる案件が北軽井沢でした。

全ての条件をクリアする案件を見つけるのは大変でしたが、担当の方の協力もあって、納得のいく案件が見つかって良かったです。

新しい友達も増えたリゾバ。「今しかできないっ!」と思ったら、トライするべき!

浅間高原にある北軽井沢は、大自然に囲まれた場所。オフが一緒の時は、3人でアスレチックをして楽しみ、大盛り上がり!ただ3人常に一緒にいるということはなく、自分の職場に行けば、他の仲間との交流もあるし、寮ではみんなでバーベキューをよくしていたので、新しく友達もできて、いい思い出に。年齢も近い人が多く、また年上の人でも気さくに接してくれて、ワイワイ楽しめましたよ。特に仕事上で協力しながら支え合った職場の仲間は、今でも大切な友達ですね!

予想と違うこともあるかもしれないけど、それもひっくるめて普段できない経験ができ、自分を成長させてくれると思います。「今しかできないっ!」と思っている人、学生時代のリゾバは特にオススメです!

to top