みんなのリゾートバイト体験談 vol.47

リゾバエリア:沖縄県・久米島
シーズン  :冬
期間    :1か月
経験職種  :飲料サービス

体験談は2回目! リゾバの楽しさを伝えたい

体験談に協力することで自分の経験したことを振り返ることができ、経験から自分が何を学んだのかを再確認し、自分の力にもなると感じたからです。それにヒューマニックの担当の方の対応が良かったので、また協力したいと思いました。

今回は沖縄でのリゾバでしたが、周りの人や友達から沖縄の人の温かさや風土の素敵さを話には聞いていたので、以前から行きたいなと思っていました。実際行ってみて、久米島は朝の空気がとても気持ち良くて、気温が最適な所でした。一歩外に出れば海が広がっていたり、山が青々としていて綺麗だったりと、見所が多かったのも、久米島を選んだ理由の一つでした。まだ行ったことがない場所に行けるのは、まさにリゾバの醍醐味なんです!

魅力的な久米島の文化の中、コミュニケーション能力もアップ!

今回私は居酒屋で仕事をしましたが、初対面の人ともコミュニケーションがとれるようになりました。特に久米島では目上の人に出会う機会が多く、それ相応のコミュニケーション力というものを鍛えることができたと思います。仕事中は集中しつつ、でも打ち解けられる瞬間を逃さずにコミュニケーションをとる、というように、メリハリをつけて、仕事をするスキルも身につけられるように!

久米島の人はとにかく温かく、地元の方はプライベートの時であれば、時間にとっても寛容なんです。例えば飲み会が19時開始であれば、ほとんどの場合19時から身支度が始まり、集まりもバラバラ。乾杯を待つ文化がないようで、10人程の飲み会で、3人位来るともう始まります。それが普通なので、後から来た人も、盛り上がった仲間のもとに気持ちよく加わるんです。とても素敵ですよね!

自然の神秘に満ちた久米島の魅力とは?

久米島はほんとにゆったりとした時間の流れで、とても過ごしやすいところでした。

初めに大きな亀の甲羅のような畳石を見に、奥武島に行きましたが、島は綺麗で透き通るような海が 広がっていて、地図で見ただけではわからない、綺麗な砂浜があり、とても素敵でした。鳥のヒナが口を開けているような岩の「鳥の口」、マスターに連れて行って貰った「比屋定バンダ」からの絶景の眺めは、山の海の境目が綺麗に映り大地の命が感じられ、神秘的で美しかった!関西の立木山のような、屏風岩の「タチジャミ」。鍾乳洞の「ヤジャーガマ」は、光の射し込む感じが何とも言えず、ジブリのワンシーンのようでした、国指定天然記念物の久米の「五枝松」など、ほかにも色々訪ねましたが、その魅力を言葉にするのも難しく、書ききれません(笑)。絶景で自然と涙が出てくるほど、久米島は自然の神秘に満ちていて、美しい所なんです!!

また、久米島の人は全員と言ってもいいほど、久米島の歴史や文化を熟知されていて、島への愛もひしひしと感じました。

自分にとって絶対にプラスになる、学生時代のリゾバはおすすめ!

リゾバの時に一緒に現地に行った仲間はスゴく仲良くて、ドライヤーの貸し借りもしていました!ラインでもやり取りをしていますが、新しい友達が増えるのって楽しいですよ!

仕事は短時間の間で、職場の方からの信頼を得て、仕事を共にしなければいけません。また逆の立場から見れば、短時間しかいない人材に教育して頂いてるという立場をわきまえて、仕事に取り組むという責任感が伴います。この責任感の感じ方は他のバイトでは味わえないし、沢山の人の、様々な角度からの視点や思考が学べるから、社会に出た時に役に立つんです!

社会に出ると、色々な考え方をする人がいると思いますが、それに柔軟に対応できるような力を身に付けるチャンスが大学時代にあると思います。自分自身を見つめ直すきっかけにもなりますし、将来に不安があったり、今、時間を持て余しているな、と感じることがあれば、是非リゾバに参加してみてください!きっと何かを見つけることができますよ。

to top