みんなのリゾートバイト体験談 vol.45

リゾバエリア:長野県・白馬
シーズン  :冬
期間    :1か月
経験職種  :業務全般

大好きな白馬でスノボ三昧!リゾバはスノボを楽しむ最高の環境

普段からスノボが大好きで、白馬は何度か行ったことがある場所でした。「聖地」って言われている位雪質が良いし、スキーリゾートが密集していたり、レストランやバーが充実してるから過ごしやすくて大好きな場所だったので、リゾバは初めてだったけど楽しみでした!

仕事は朝と夜勤務だったので、中抜けの昼の時間、2〜3時間位・2日に1回は滑りに行っていました。周りにも同じく雪山にこもって毎日スノーボードをしている人たちがいるので、とても良い刺激になりました。プロのレベルに近い人も多く、テクニックを教えてもらったり、一緒に滑りに行ったりして、普段とは全く違う経験が出来て大満足!以前パークで転倒してから臆病になっていましたが、今回で克服! ジャンプにもトライ、林道にも積極的に行くようになりました。

初めて同士の職場の仲間と問題点を共有し、改善する工夫を!

私の仕事は裏方を中心に、業務全般を担当、フロントからレストランなどの仕事もしました。現場では社員の方とではなく、初めて同士のスタッフで何とか仕事を進めて行かなければいけない状況でした。スタッフ同士すぐに仲良くなって、チームワークは良かったのですが、最初はどうにもこうにも仕事が上手く回らなくて、お客様を怒らしてしまうことも…。

そこで自主的にミーティングをして問題点を話し合い、どうすれば改善出来るか意見を出し合いました。問題点を共有することで、スタッフの意識もどんどん変わっていきました。例えばレストランサービスでの料理出しが遅かったり、案内係がバラバラで順番を把握できなかったりしていたので、案内係を一本化し、トランシーバーを活用して、デシャップ※との連携をとるようにするなど、問題点を改善する工夫をしていきました。一つ改善されると皆のモチベーションも上がり、仕事がうまく回るようになったんです!

※一般的に飲食店の厨房とパントリーの窓口に当たり、厨房内で調理された全ての料理が上がってくる場所。

女将さんとの交換日記を自ら提案! 仕事のモチベーションも上がり毎日が充実

女将さんに逐一業務の報告ができなかったので、フロント係の時には報告書として、日記をつけることを提案しました。日ごとの出来事をノートにまとめ、お客様の声や自分の意見を集約することで問題提起をして、より良いサービスを目指そうと思ったのです。 また自分や職場のモチベーションを上げるための工夫として、「また来ますね」など、言っていただいて嬉しかったお客様の言葉をメモしました。

口頭で伝えるとすぐに忘れてしまうものも、書き留めておくことで確実に伝えることでき、問題を解決できました! 例えば「子供用のスリッパが欲しい」という要望が多かったのですが、実際どのくらい多いのかを書き出すことで必然性が分かるようになったので、女将さんもすぐに対応してくれるようになり、さらに仕事へのモチベーションもアップ! スノボも仕事も楽しめて、毎日充実できました♪

新たな仲間との出会いもあるリゾバ、スノボ好きには特にオススメ♪

職場で一緒に頑張った仲間とは、たまたま同じ年代で地元が近かったこともあって、リゾバが終わってからも会いますし、遠方のメンバーともFacebookなどを通じて連絡を取り合っています。一人で参加したこともあり、ずっと仲良しでいられるような素晴らしい仲間が出来るとは思っていなかったので、リゾバを経験して本当に良かったと思います。

私のように1ヶ月の短期だけでも、充分リゾバの良さを満喫出来ますよ! それに滑るのが好きなら、リゾバは絶対オススメです!! 上達すること間違いなしですし、スノボを通じて大切な仲間ができます。白馬はリピータ率が多いのもうなずけます。私も早く戻りたい(笑)!

to top