みんなのリゾートバイト体験談 vol.44

リゾバエリア:岐阜県・飛騨高山
シーズン  :夏
期間    :1か月
経験職種  :フロント業務

先輩のリゾバ体験談がキッカケでチャレンジ!

リゾバを始めようと思ったのは、以前体験談を書いたことのある田河さんと知り合った事がキッカケなんです!(体験談vol16田河章宏さん)偶然、田河さんと知り合いになり、様々な人たちと交流をしたり、全国に友達が出来て、とっても楽しかったという話を聞き、やってみようかなと思いました。それに田河さんの経験を聞いて、将来、接客業にも役立つと思ったんです。

それにヒューマニックが、田河さんから他の派遣会社よりもいいという評判を聞いていた点も決め手になりました。ただ数ヶ月も知り合いがいない場所で、知らない人と仕事をすることに不安はありましたが、就職した田河さんが「今、長期短期にかかわらずお休みがもらえるなら、まちがいなくリゾバをやりたい!」と豪語していたので、これは経験しておいたほうがいいと思いました。

評判通りのアットホームな職場に安心!

職場を選ぶ際には、仕事案件の詳細のほかに、職場の評判も念入りに聞きました。職場は旅館だったんですが、今まで経験されたスタッフさんからの評判が良かったんです! 評判通りアットホームで皆、親切な方々でした。

おかみさんや所長さんから地元の人しか知らないような美味しいお店を教えてもらい、地元郷土料理屋で飛騨牛の焼肉を食べたり、他の派遣スタッフさんとも遊びに行きましたよ♪ 旅館なので女性同士、幅広い世代の方々と飲む機会もあったりしたのも貴重な経験でした。もちろん仕事は慣れるまで大変でしたし、皆さん年上だったので、優しくもポイントはしっかり教えてもらい、鍛えられました(笑)。

社会人として必要な、先輩を敬う気持ちやおもてなしの心を学んだ

社会においての『ホウレンソウ』やマナーはしっかりと教えていただきました。例えば荷物を送りたいとお客様が仰ったら、段ボール、送るための伝票、ガムテープなどを、自ら状況に応じて用意する心配りが必要だとか、その荷物が重いようであれば、部屋までカートでお迎えするなどのホスピタリティ精神の大切さを学びました。

それは旅館内でも同じで、例えば上司に物事を頼むときはお伺いをたてるなど、上下関係の礼儀も学びました。挨拶、礼儀、おもてなしの心、ホスピタリティ精神など、今後社会人になる上で重要だとわかっていても、リゾバ経験がなければ、習得するのは難しかったと思います。

今しか出来ない!学生時代こそリゾバがオススメ

私たち学生は就活、インターンシップはするものの、社会と関われる経験が全然ないんです。お金をもらうという責任もありながら、社会体験もできる点、社会のために貢献できた喜び、人の役にたてたときの充実感をリゾバなら実感できると思います! それにリゾバで友達も増えるから、楽しいですよ。

高山は自然もありながら、京都をイメージしたような古風な観光地で、素晴らしい所でした。外国人と飲みニケーションしたのも、いい思い出(笑)。もし高山でのリゾバを考えているなら、生の英語に触れる機会もあるし、オススメです。簡単な英会話が出来ると重宝がられますよ♪ 絶対、学生時代にリゾバを経験したほうがいいですよ!

to top