みんなのリゾートバイト体験談 vol.25

リゾバエリア:静岡県・伊豆
シーズン  :春・夏
期間    :3か月以上
経験職種  :接客業務

リゾバで来ていたある男性と…!

もともと、私は地元のホテルで正社員として働いていたのですが、 そこに派遣で働きにきていた男性と出会いました。 「結構イイかも…」なんて期待していたら、いつの間にか付き合うことに! 超うれしかったし、最初の1週間なんて毎日キュンキュンしていました(照)! どこでどんな出会いがあるか分からないなぁ、って強く感じました。 そんな彼からリゾバのいいところをいろいろと聞いて 「いろんなホテルで働けるし、彼と一緒にいられるなら!」と思い、リゾバを始めることにしたんです。 彼がいなかったらリゾバっていう選択自体がなかったかもしれませんね。

絶対条件は「いつでも彼のそばに」!

他の派遣会社にも登録してリゾバに行ったこともあるのですが、選べるリゾートの数が少なかったんです。 数が少ないということは私や彼の希望に合ったリゾバにたどりつける可能性も低いってことですよね。 実際、カップルはお断りっていうのも多くてちょっと困ったことも…。

別のリゾバに行っていた時にヒューマニックから働きに来ていたスタッフさんがいて、 「たくさんから選べるからヒューマニックがいいよ!」って聞いたのですぐに登録しました。 もちろん一番最初に伝えた希望は、いつも2人がそばにいれるところ(照)! コーディネーターさんも2人の要望をよく聞いてくれて、全力で対応してくれるので 「ヒューマニックで本当によかった!」って今でも思います。

実は!違う職場の方がいっぱい会える!

彼と同じエリアで違う職場に入ったことがあるんですが、その時に大きな発見を。 「同じエリアで違う勤務先の方が休みに会いやすい」の法則! 同じ職場だとシフトの都合で休みを合わせにくいんです。 仕事の日は仕方がないとしても休みに会えないなんて耐えられないですよね…。

だから、カップルはこの作戦がオススメ! 私たちは休日に映画を見に行ったり、買い物しに行ったり、外泊しに行ったりと、 2人だけの時間を作って楽しく過ごしています。 見ず知らずの土地だから休みの日もいつも以上にドキドキできるんです(笑)。

リゾバを通じて感じた彼の大切さ

仕事でちょっとツラいことが重なった時があって、勤務後に泣いたりして苦しい思いをしていたのですが、 その時、彼が慰めてくれたり、励ましてくれたり、話を聞いてくれたりしたんです。 とにかくいつも私が元気になるようにしてくれて、私の力になってくれました。 その現場は8ヶ月の勤務だったのですが、彼の支えもあって無事満了することができました。 彼がいなかったら途中で辞めていたかもしれません。 その時、あらためて私には彼が必要なんだなと感じました。 悩んでいたこと自体は結構苦しかったんですが、 彼に支えられているって感じられたのは本当にうれしかったですね。

恋愛と同じくらいお仕事もがんばりました!

ホテルでの正社員時代に「もっといろんな職場を見てみたい」って思ったのもリゾバを決心した理由なんです。 実際に色々な土地・環境・職種で働いて思ったのは、その現場ならではのやり方を通じ 視野の広い接客の仕方・社会人マナーが身につけられるっていうこと。 様々な職場で見て、聞いて、自分で学んで働けば働くほどスキルアップできるのはリゾバならではですよね。 正直に言って大変なこともいっぱいあります。ある現場で仲居をやっていた時、 「この仕事大変でしょう?やめたいと思わないんですか?」とお客様に言われて、 「大変ですけど、お客様とこうやっていっぱい話ができるし、接客が好きなのでやめたくないです」と答えたら 「ホテルもいいし、鈴木さんも良い人だし、ここに泊りにきて本当に良かった!またぜひ来たいです。 大変なこともあるだろうけど、がんばってくださいね!」って言われたんです。 こういうことがあるからやめられないんだなぁ~!って思いました。 お客様の声に救われることも多いのですが、そんな時は「続けていてよかった!」 って心の底から感じられるんですよ。

仕事も恋も日常では味わえない充実感が!

彼とリゾバに来てよかったなって思うことはいっぱいあるんですが、 一番に思うのは“彼”と“ホテルのお仕事”っていう自分が大好きなことを両立させられること! 地元で付き合って仕事をしていたら、どうしてもすれ違うことって出てきていたと思うんです。 恋だけでもダメだと思うし、仕事だけでもダメだと思うし。 同じ業界の仕事をしてるからこそお互いに支え合ったり高め合ったりもできるのもいいところなんですよ! 私たちと同じように「恋人同士で」っていう希望のある人なら断然ヒューマニックをオススメしますよ。 2人がいつも近くにいれる、同じ職種・同じ勤務地のリゾートを コーディネーターさんに探してもらって下さいね! きっと親身に相談に乗ってくれますよ!!

to top