みんなのリゾートバイト体験談 vol.23

リゾバエリア:北海道・知床
シーズン  :秋~冬
期間    :5カ月以上
経験職種  :接客サービス

敷金・礼金いらず!リゾートで始める1人暮らしのすすめ

1人暮らしをしたいなって思っていたんですが、 いざ引越しの計画を立ててみると何かとお金がかかるなぁ、と腰が重くなってしまいました。 そんな時に偶然、ヒューマニックのリゾートバイトを知って、 「住み込みバイトなら引越し代もかからないかも!」って気づいたんです。 普通にお部屋を賃貸すると最初にかかる敷金や礼金、 それと家具や電化製品を買う必要だってないから、 経済的な面でも気軽に1人暮らしをスタートできるし、 “リゾートで暮らす”っていう夢のような生活が叶えられるのが魅力でした! もちろんヒューマニックに即登録して、寮は1人暮らし気分を味わえる個室を希望しました。

念願の1人暮らし!それでも貯金は毎月10万円!

私が行った知床(北海道)のホテルの寮では、ほとんど生活費がかかりませんでした! それに、自然いっぱいの知床は無駄づかいするようなお店やレジャーもあまりないから、 普通に過ごしているだけで貯金ができちゃうんです。

1ヶ月に10万円は貯金しているので、すでに5ヶ月経った今は…。貯金額はヒミツです! 地元でバイトして1人暮らしをしていたら、 がんばってもこんなに貯金なんてできませんよね。

家事がひとつ消える生活!?

普通の1人暮らしだと、だまっててご飯が出てくることなんてなくて、 私のことを気にかけてくれる人もいない…。

リゾバの寮ならご飯もちゃんと出てくるし、 食堂に行くのがちょっと遅いと「冷めちゃうよ~」なんて声をかけてくれたり。 些細なことかもしれないけれど、自分のことを気にしてくれる人がいるっていうのは、 見ず知らずの土地で働いている身には本当に嬉しいです。 お腹いっぱいで寂しくないって大事ですよね(笑)。 炊事っていう家事がひとつ減って、心配してくれる人がいるっていうのは、 1人暮らしとの一番の違いかもしれませんよね。

いきなり主力メンバーに!支えてくれたのはスタッフのみんな

私が参加したタイミングはスタッフ入れ替えの時期だったので、 それまで主力メンバーだった先輩たちの大半が任期を終了してしまったんです。 じゃあ任せたよ、的な雰囲気になってかなり不安だったんですが、 「私ががんばらないとお客様が困ってしまう!」という一心でがんばりました! でも、一番困ったのが後輩スタッフの教育。私自身も仕事を理解しきれていないのに、 みんなを引っ張っていかなくちゃいけないのは本当に大変でした。 でも、違うセクションのスタッフさんに相談をしたり、 いつもはちょっと厳しい厨房のおじさんまで気にかけてくれるようになったり。 やっぱり1人じゃ何もできないんだな、ってちょっとショックも受けたけど、 支えてもらえる嬉しさも同時に味わえたのは、いい人生経験になりました!

勢いで飛び出したけど最初はやっぱり不安でした(苦笑)

「友達できるかな?寂しくないかな?」っていうのが出発前の不安。 でも、さっき言った通り、従業員同士のつながりもすぐできたし、 お客様とすごく親しくなれるようなこともあったんです! そのお客様とはリゾバが終わったら「東京で会おうね!」なんて約束もしたんです。 心配は本当に無用でした。スタッフも国内だけじゃなく世界から集まっているので、 本当にいろんな文化の人との交流が持てるんです。韓国や台湾の子とも仲良くなれました! お金の心配も友達の心配もナシ、ですので少しでもリゾバが気になっている人なら、 私みたいに勢い一発で飛び出してみるといいと思いますよ(笑)。 できることなら3ヶ月以上の長期がオススメ。 短期できた子たちはみんな「もっとココにいたかったー!」って帰って行くんですから!

to top