みんなのリゾートバイト体験談 vol.22

リゾバエリア:北海道・サホロ
シーズン  :冬
期間    :3か月以上
経験職種  :接客サービス

ワーホリ気分!英語を使ってアルバイト!

ワーホリの経験があったので英語が得意だったんですが、 帰国後は活用する機会もあまりなかったんです。 そんな時にヒューマニックの「北海道のスキー場」でのお仕事を見つけました。

北海道は海外のスノボやスキーをする人たちにはあこがれの場所で、 外国人もたくさん集まるから英語を活用できてスノボもできる! と期待いっぱいで応募しました!

英語漬けの日々。夢まで英語!?

とにかくたくさんのお客様と英語でコミュニケーションを取るように心がけました。 「今日はスノボ日和ですね~!」とこちらから声をかけたり、 「この辺でどこかいい温泉知ってる?」なんてお客様から聞かれたり。 気づくと今日は英語しかしゃべってない、なんて日も!

スタッフも海外の人が多くて、お互い慣れてきた頃、 男性同士だとちょっと下ネタ的な話題がキッカケで打ち解けたり。 「男は万国共通なんだな」ってしみじみ思いました(笑)。

スノボの話題から「今度、休みの日に一緒に滑ろうよ!」 なんて盛り上がることも珍しくありませんでした。 おかげで英語で冗談を言えるくらいまでに会話力が復活! ついには英語で話している夢を見たり、 寝言も英語で話したり。本当に英語漬けでした(笑)。

国籍は違っても仲間意識は芽生えます!

一緒に働いたスタッフはインドネシアや韓国・中国・オーストラリア・ インド・南アフリカなど、本当に世界中から集まっていました。 昼はガッツリ仕事をして、夜はパーっと飲み会!すきあらばボード! とONもOFFも充実していて、あっという間に時間が過ぎていきました。 国籍も文化も違うけど、同じ職場で働いているという共通意識があるので 自然と仲良くなれましたよ。

最後には同僚っていうより親しい仲間に近い感覚だったので、 リゾバが終わって帰る時は本当に寂しかったですね。 今でもみんなとはメールで連絡を取り合ったりしてるんですよ!

「異文化交流パーティ」は世界の豆知識・友情がイッパイ

スタッフ同士の交流を深めるために定期的に開かれる異文化交流パーティがありました。 その場で「中国では乾杯のたびにイッキするんだよ」っていう日本人には信じられない文化を知ったり、 「なんでインド人は手でご飯を食べるんだ?」っていう素朴な疑問を聞いてみたり。 色んな国があって、色んな習慣があるんだなって、感じました。 逆に自分も日本のいいところを教えたり、 将来は英語を仕事にしたいっていう自分の夢を話たりしました。 「がんばって夢を叶えてね!」なんて応援してくれたりする人もいて、 リゾバに来てホントに良かった!って感動しました。 話が盛り上がってついつい飲みすぎてしまい、 「記憶がない…」なんてこともありましたが、それもいい思い出です(笑)。

英語も学べて、異文化に触れられるリゾバ、サイコー!!

こんなに英語を使えると思っていなかったから、正直感動です(涙)! 英語力だけではなく、自分の知らない世界の人と交流を持つことで大人としての成長も実感できました。 日本にはない文化に触れることで、自分を知れるのは、ワーホリもリゾバも一緒です。 ワーホリや留学だと飛行機代も宿泊費もかかるところを お金をかけずに英語力や人間力も身につけられるのはリゾバだからこそ! 異文化に触れたいという方はリゾバがオススメです。 自分のように英語にブランクのある人もノープロブレム。 言葉に詰まったらボディランゲージでコミュニケーション!意外とどうにかなります(笑)。 本格的な留学やワーホリに備えての練習、と思えば気が楽です。 一度踏み出せば、必ず素敵な仲間や経験に出会えますよ!

to top