みんなのリゾートバイト体験談 vol.10

リゾバエリア:北海道・トマム
シーズン  :夏
期間    :1カ月未満
経験職種  :裏方業務

もうすぐ学生も終わり。今しかできないことを今の内に!

アルバイトに対しては元から、今までに経験したことがないものや人とは違うものを求めていたんですが、「学生生活もそろそろ終わりだなぁ。」って実感するようになってその思いがさらに強くなったんです。そんなある時、ヒューマニックの求人広告を偶然見てビビッときたんです(笑)。

楽しそうだから思い出づくりもできそうだし、お金も貯められそう!それに、日本全国色んなところからの仲間と出会えて、大人としても成長できそうだなぁ、って思い決心しました。

大変だけど楽しい!仕事の面白さを初めて実感しました

仕事はおもにホテルの客室清掃を担当しました。カンタンで単純なお仕事だと思っていましたが、これが結構な重労働!布団の敷布交換も大変で足腰が痛くなるほど。ですが、また働きたい!って思えるほど仕事が楽しかったんです。初めの内は5〜6名、慣れてくると2〜3名のチーム制で担当します。人数が少ないと1室仕上げるのに時間が掛かってしまうので、少人数で早く部屋を掃除することを考えなくちゃいけません。そこで、チームの人と様々な試行錯誤を繰り返し、部屋を掃除していきました。実は、この作業がとても楽しいんです!人によって得意、不得意があるのでそれを考えたり思いやったりする中でチームの団結力を固めるのが学園祭や部活みたいで面白かったです。汚かった部屋が綺麗になると、本当に気持ちがスッキリしますよ!

認めてもらえるようにがんばるのも大切!

お仕事は客室清掃の他にレストランでお皿洗いもしました。客室清掃が終わってからレストランへ向い、山積みになった汚れたお皿をハイスピードで洗っていきます。洗っても、洗っても次々と運ばれてくるお皿。綺麗にしていく楽しさを感じながら、運ばれてくるお皿の勢いに負けないよう早く仕上げます。まるで、積み上がってくるブロックをどんどん消していくパズルゲームみたい(笑)。ある日、洗い場にいた役職が高そうなおじさんが「洗い場代わろうか?」と優しく声をかけてくださったのです。自分のようなアルバイトにも気を配ってくれて本当に嬉しかったぁ〜。「いえ、大丈夫です!僕がやります!」とおじさんに言いうと、おじさんはニコッっと笑みを浮かべて、仕事に戻りました。一生懸命の姿勢が評価されて仕事って楽しくなるんだな、と勉強になりましたね!

いざ始めちゃえば不安なんて吹き飛んじゃいますよ!

リゾバを始める最初の一歩はとても勇気がいりますよね。僕はそうでした。「どんな人たちが来るんだろう?」「自分に仕事がつとまるのかな?」と不安ばかり浮かぶものですが、最初の一歩があったからこそ、楽しい思い出ができたんだと思っています。リゾートバイトでは出会いやお仕事を通じて普段の学生生活では考えられないような貴重な体験や勉強ができます!不安がある人も、楽しいことをいっぱい想像してワクワクしながら応募するのがいいと思います。先輩たちもみんな最初は「ハジメテ」なんですからね!

to top